もう辛い...。「仕事を辞めたい」と感じる6つの理由と対処法とは

記事更新日: 2021/01/12

ライター: きだっち

この記事を書いた人

きだっち転職初心者

JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!

派遣社員(事務職)から未経験エンジニアへのキャリアチェンジを実現させました!

 Twitter:@kidachi_JobTier

 

様々な理由から仕事を辞めたいと思っていても上司に言い出しづらかったり、辞めたとしても良い職場に出会えるかどうかわからない事から、なかなか転職に踏み切れない人は少数ではありません。

後悔をしたくないと思ったり、仕事に対して責任感がある方なら尚更そうでしょう。

きだっち

辞めるとまでは思いきれなくても漠然と「会社が嫌だな」と感じる方も多い様です。

 

仕事が嫌な理由は自分らしく仕事も生活も充実させたいという願望が実現したくてもできていない事が原因のようです。

その理想と現実のギャップを埋めることが出来たらよいのですが、ではまずどんな理由で「仕事を辞めたい」と思う人がいるのでしょうか?

きだっち

6つの理由と共に対処法も考えていきましょう!

仕事を辞めたい6つの理由

①収入が低い・昇給がない

新卒入社であれば男女ともに初任給は20万前後で、平均年収は200~250万です。

都内や首都圏であれば特に物価が高いので、20万円前後だと生活費だけで「あれ、気づいたら手元にお金が残らない...」なんてことも。

収入が理由で辞めたい人のリアル

▼あなたは当てはまる?

  • 新卒初任給が額面18万。手取りが15万。正直しんどい。
  • 給料低いから転職するってあり...?
  • 手取り20万で年1の昇給は5,000円だけ。
  • メンタルをすり減らして毎日働いているのに、給料が全く見合っていない。

きだっち

特に20代の男女に多い理由が、収入や福利厚生に関してでした。

毎日、汗水流して働いているのに給料が見合わなければ嫌気が差すのも、無理はありません。奨学金の返済や、貯金に回すお金などに余裕がなければ不安になりますよね。

これから働き続けて給与アップが狙えればよいのですが、疑問を感じ始めるとどうしても仕事が嫌になってきたり、仕事のモチベーションも下がってしまいます…。

 

②人間関係で悩みがある

収入の悩みに続いて多かったのが、人間関係に関することでした。

職場には自分とは、性格が合わない人がいる恐れはあります。学生時代であれば、グループが違えば関わることは少なくて済みますが、職場はそうはいきませんよね。

人間関係により辞めたい人のリアル

▼あなたは当てはまる?

  • 女性が多い職場で、陰口は日常茶飯事…
  • 初対面からガン無視された。
  • ミスを認めない上司がいる。
  • ワイワイ賑やかな人が多くて私にはつらい。
  • 態度が明らかに大きい後輩の教育に疲れた。
  • 自分の意にそぐわなきゃ不機嫌になる上司が…

きだっち

出来る限り衝突しないように振舞ったとしても、本当に意地悪な人はいるものですよね。

常識的ではなく、強い口調だったり理不尽だったり…。

そのような人に合わせて気を使っていると、無駄にエネルギーを消費した気分になってしまいますよね。

職場は、1日の大半を過ごす場所です。

嫌いな人がいるだけで、ストレスになるのは間違いありません。その影響もあり、仕事を辞めたいと思う原因になりやすいようです。

 

③残業などの労働時間が不満

令和になり「働き方改革」など、社会全体としての働き方は見直されつつありますが、実際はそんなことも無いようです。

 

このツイートのように、むしろ「働き方改革」により残業がきついなんて声もありました。

残業が理由で辞めたい人のリアル

▼あなたは当てはまる?

  • 休日出勤確定。もちろん残業代は出ない…
  • 残業は安定の80時間越え!
  • 会社に12時間以上いる?当たり前だよ!(麻痺)
  • 8時出勤、休憩30分でもう20時なんですが…?
  • 残業が多すぎて、体力的にも精神的にも限界…

体力などの健康的な問題もそうですが、精神的に辛くなってしまう前に逃げることは甘えではありません。

うつ病にも、躁鬱という「一見鬱に見えない明るい鬱」なんていうものもあります。自分ではストレスを感じていない、みんな頑張っているんだからと思い、自分の心の声に気づけないと、身体に影響が出てしまいます。

仕事に費やす時間が多く、プライベートの時間が作れないという声が多くありました。忙しさに追われていると、「休んでいいという感覚」が麻痺してしまい、気づいたときには体力が追い付かないということも。

 

④頑張っても評価してもらえない

人の欲求には3代欲求だけではなく、「認められたい・役に立ちたい・褒められたい」という承認欲求があります。

職場という社会的な場において認められないというのは、なんだか満たされない気持ちになってしまいますよね。

 

社会で認められることや役に立つことは、人生を豊かにする一つであるため、男女問わず辞めたい理由に繋がります。

辞めたい人のリアル

▼あなたは当てはまる?

  • 私の頑張りは一切触れず、他の人が褒められてばかりでいやになった。
  • どれだけノルマをこなしてもそれが当たり前と言われる…。
  • どれだけ会社に尽くしても認められないから、仕事のモチベーションが下がる。

きだっち

大きな評価でなくとも、認められたいものですよね。

言葉にして褒めてもらうことがなくとも、せめて「価値がある」「必要とされている」という自分の存在意義を職場で感じていたいですよね。

 

⑤仕事内容に満足していない

自分で選んだ仕事とはいえ、思っていた業務内容とは違ったりやりがいを感じることが出来ないと「もっと他にいい職場があるはず」と考えるのも無理はありません。

きだっち

やりがいがなければお金以外、何のために働いているのか分からなくなってしまいますよね。

やりがいが理由で辞めたい人

▼あなたは当てはまる?

  • やりがいないし楽しさ0。お金よりも何よりやりがいがほしい…
  • 仕事にやりがいを感じる前に不満を感じちゃう。
  • 仕事辞めたい!暇すぎてやりがい感じるどころじゃない!
  • やりがいなさ過ぎてまじでヤバイ。心の底から仕事辞めたい。

会社に勤めた場合、起きている時間の大半を仕事に使うことになりますが、やりがいがないと時間が過ぎるまで苦痛に感じてしまいますよね。

家に帰れる時間までカウントダウンして、何度も時計を見たり。仕事を頑張ったらプライベートでご褒美を上げたくなるほど、ストレスだったり。

大半の時間を使うからこそ、やりがいを感じる仕事をしたいと考える人が多いようです。

 

⑥会社の将来が不安

令和時代ではAI化が進み、無くなる業種が多いと言われています。

経済市場はガラリと変わり、いままでの常識では通用しなくなったと考える賢い方も多くいるようです。

将来性が理由で辞めたい人のリアル

▼あなたは当てはまる?

  • 車業界は将来性がないから辞めたいなあ
  • 上司をみているとこうなりたくないと思う…

そもそも会社の寿命は30年と言われています。このように会社が倒産する前に転職することは、場合によっては正しい判断かもしれません。

また、このまま勤め続けるとあなたの未来は目の前の上司とも言いますから、先のことを考えて仕事を変えたいと思う方も多いようです。

 

仕事を辞めたい時にこれだけはNG

相談する人を間違えない

まず注意したいことは相談する人を間違えてはいけません!

例えば50・60代の親世代に相談してしまうと、バブル期を生きてきた世代のため、見当違いなアドバイスをされる場合があります。

 

「仕事は最低3年は続けるべき」なんて言葉を鵜呑みにしてしまえば、辞めようと思っている仕事に就き続けることになってしまいます。自分が「こんな人のようになりたい」という人が身近にいれば、そんな素敵な人からアドバイスをもらえると理想的です。

一人で悩んでも辛いですよね…。

きだっち

今の仕事を続けるかどうか悩んだ場合、慎重に検討しましょう!

 

勢いで辞めることだけは避ける!

人間関係ややりがいの無さによって、転職を検討している方であれば、仕事に行くのも辛かったり憂鬱でしょう。もし、今の職場を辞めるとしても今後どうしていくか考えたうえで行動に移しましょう。

きだっち

理由としては、収入が途絶えることが理由の1つにあるそうです!

ただ「多少のストレスは逃げたところでまたぶつかる壁である」ことも理解しておくべきです。

 

しかし、本当に心が削られるような職場環境であれば、辞めることは甘えや逃げではありません。

それは正しい判断です。

精神的に辛くて仕事を辞めざるおえない場合、仕事をやめて3か月以降は雇用保険が下りるので最低限の生活は保障されています。

 

身体や心が限界!無理して働く事は絶対にダメ!

きだっち

心を無視することは絶対にしてはいけません!

  • 有給をとって休んだのに、仕事にどうしても行きたくない。
  • 仕事に行くことを考えると気持ちが悪くなる。
  • もう、働くのがつらい…。

これらの場合は、辞めることもそうですがまずは求職することも考えてみましょう!

「みんなに迷惑をかけてしまうんじゃないか?」「嫌な環境でも働かなきゃいけない」と思ってしまう人の特徴は、真面目だということです。

しかも、自分では自覚していないことが多く、その我慢強さを「みんな頑張っているからそれくらい当たり前」と思い込んでしまいます。

人にはそれぞれ得意不得意があるように、同じ環境でも働き続けられる人と辛く感じる人がいます。それは、合うあわないの問題なのであなたのせいではありません。

世の中に「こうするべき」という正解はありません。

一度落ち着いて自分の声に耳を傾けてあげてくださいね。

 

転職を考えるなら

現職を続けながら転職活動を

きだっち

体調がつらい方でなければ、すぐに仕事を辞める必要はありません。

仕事を続けながら転職活動をすることは「面接に受からなくても、すぐに焦る必要はない」ので、安心材料になります。

ハローワークや企業HPに直接応募する方法もありますが、転職エージェントを使うと登録するだけで、求人案件の紹介や年収交渉まで行ってくれるので転職活動を効率的に進めることが出来ます。

転職エージェントとは、転職サイトとは違いプロ視点で企業とマッチングをしてくれるサービスです。もちろん、企業に人材を紹介することによって売り上げが立つサービスではありますが、転職する側としては無償でサービスを受けられるため、存分に活用してみるべきです!

 

大手で有名な転職エージェント▼

 

転職を考えているのであれば、ほかにどんな業種があって、収入・休日・仕事内容はどんなものなのかまずはチェックしてみてくださいね。

選択肢が増えることで、見える世界は変わります。

 

なかなか一歩踏みだせないあなたへ

仕事は、あなたが1日の大半を過ごす場所です。仕事が楽しくない・やりがいがない・お金のために働いているだけであれば、あなたの人生もつまらないものになってしまいます。

この表を見てください。

仕事が1日の大半を占めているということは、生きていているうちに仕事に費やす時間はかなり長いということです。

いま「仕事を辞めたい」と思っているなら早めの選択をお勧めします。今の時点でのあなたが、今後の人生の中で一番若いあなたです。

1度きりの人生です。後悔の無いように、一歩踏みだしてみてはいかがでしょうか?

きだっち

あなたが輝ける仕事に出会うことを祈っています!

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

ページトップへ