マイナビエージェントの口コミ評判|人事と転職相談のプロが暴露

記事更新日: 2021/01/12

ライター: るてぃ

この記事の結論
  • 知名度は抜群だが、マイナビエージェントの評判は最悪なので真偽を確かめる必要あり

  • マイナビエージェントは後発でサービスをスタートしたので、求人数もサポートも他社に劣る 

  • マイナビは20代の転職に強いので、30代以上が登録してもメリットが少ない
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上

本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

 

るてぃ

大手だし安心できるかなという理由で、マイナビエージェントに登録しようとしていませんか?

確かに「マイナビ」は1973年創業と歴史ある企業で、業界での知名度は高いですが、マイナビエージェントに登録する際は注意が必要です。  

理由は、マイナビエージェント自体は2002年からサービススタートと他社と比べても後発だったため、求人数もサポート体制も他社に劣るからです。  

 

まつぱち

ちなみにそんな、マイナビエージェントの評判は・・・

 
転職市場を知り尽くしたプロ まつぱち
現役転職エージェント(最年少現場責任者)
  • 東証一部上場グループ人事部出身
  • 累計キャリア相談者数6,000名以上
  • 相談者の利用満足度90%超え12ヶ月連続達成
  • 累計25回、社内月間売上トップ受賞
まつぱち先生として外部対談やTwitterでの匿名転職相談も好評
Twitter:@matsu_JobTier





参照:google検索結果

もちろん、口コミの母数も少ないのとネットでは極端な低評価が目立つというのはどうしてもありますが、これは低い。

 

るてぃ

リクルートやdodaはこの評価を見えないようにしているので、マイナビもそうすれば良いのでは?と思うのですが・・・

転職エージェントが2万社以上も乱立するこの時代に、エージェント選びを間違えることは致命的です。  

この記事が少しでもあなたの選択の参考になれば幸いです。  

マイナビエージェントの特徴

運営会社
株式会社マイナビ
オススメ年代
20代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

マイナビが運営する人材サービス「マイナビエージェント
20代に信頼されている転職エージェントNo,1を謳っており、大手企業の中では唯一、年代を絞ってプロモーションをかけている企業でもあります。  

他企業に比べるとサービスを開始したのが遅く、利用者数も少ないため、丁寧なサポートが期待できるエージェントです。 

マイナビエージェントの総評|他社との違いは?

 

まつぱち

他サイトでは書かれない悪い点まで突っ込んで解説していきますね!

他社と比較していく上でポイントとなるのは2点あります。

マイナビエージェントのポイント
  • ポイント1:求人数が少ない、かつ社員の士気も低くサービスの質が悪い
  • ポイント2:あくまで20代向けの転職エージェント

 

まつぱち

1つずつしっかり見ていきましょう!

ポイント1:求人数が少ないかつ、社員の士気も低くサービスの質が悪い

前述のようにマイナビの創業は1973年ですが、マイナビエージェントのサービスがスタートしたのは2002年です。

これは他社と比べても結構遅い。

マイナビは当時「マイナビ転職」の転職サイトに力を入れていた分、転職エージェントのスタートは遅かったのです。

 

まつぱち

他エージェントのサービス開始年をまとめてみました。

各エージェントがサービスをスタートしたのは?
人材業界の豆知識①

リクルートエージェント:1977年
パソナキャリア:1993年
dodaエージェント:1997年
typeエージェント:1998年
マイナビエージェント:2002年
エンエージェント:2013年

 

るてぃ

リクルートエージェントと比べると25年の差がある。

実際に、各エージェントが抱えている求人数を比較してみるとかなりの差があることが分かります。

マイナビエージェントの求人数はリクルートエージェントと比べると、

 

まつぱち

1/7以下という衝撃の結果が出てきます。

 

まつぱち

この求人数の少なさだと、情報収集もできないですね。

希望する業界や職種が分からない求職者は、まずはどんな求人が世の中にあり、その中でも自分はどの求人を狙える範囲なのかを認識した方が良いです。

なので、まずは幅広く自分が狙える求人を数多く紹介してくれるエージェントを利用するのが賢い選択。

 

まつぱち

私なら一度に30~50件紹介してくれる「リクルートエージェント」の活用をオススメしますね。

マイナビだとせいぜい10件程度しか紹介してもらえないので。

 

るてぃ

ちなみに、転職サポートの質についてはどうなの?

 

まつぱち

サポートの質もそこまで良い評判は聞かないんですよね。

マイナビは社風としてはリクルートやtypeに比べて大人しめ。

良く言うとガツガツしてない、悪く言うと仕事に対してのやる気がない人も多いです。

 

まつぱち

エージェントの対応については、こんな口コミもありました。

2020年2月口コミ
評価:
男性が担当でしたが、履歴書見て、ため息をつかれました。
挨拶しても、素っ気なかったし、塩対応でした。
まあ、どれだけ、企業に人を紹介したか、そして、その人がどれだけ定着するか、考えた上で、営業目標やノルマ、があるんでしょうけど あからさまに、肩を落とした態度はひどかったです。  

求人紹介メールも一切こないし、求人も全く紹介してもらえず、そのまま何もなく終わりました。
本当に人材紹介会社か?と目と耳を疑いました。

自分のノルマの達成、昇給のために、頑張るのは社会人として大切ですが、 頑張ってるというより、志気が低いというか、相手のことを思った、マッチした仕事紹介ではなかったですね。 二度と利用しない。
参照:google口コミ
2020年3月口コミ
評価:
ここの対応はひどいもので、とてもおすすめできません。
登録後向こうから連絡があるのですが、いかにもやる気のなさを感じる電話応対です。
その時点でやめておくべきでしたね。  

「担当者」の男性スタッフときたらメモすら取っていないのか、同じことばかり聞いてくるわ、意味もなく「なんで?」を繰り返すわ、あまりにも無礼な態度でここを利用しようという気持ちが全くなくなってしまいました。  

転職エージェントは何社か面談しましたが、ここは最悪です。
参照:google口コミ

 

まつぱち

やる気のない社員が多い理由は、マイナビの給与体系が関連していると思われます。

マイナビエージェントはキャリアアドバイザーの基本給が他社よりも低いです。

家賃手当やボーナスが付くと他社同等程度になりますが、家賃手当の対象外や売れない社員にとってはキツイでしょう。


参照:マイナビキャリア採用HP

 

るてぃ

社員の悲痛な口コミを見つけてしまいました。

2019年7月2日口コミ
評価:
営業で新卒3年目です。
現在の年収は280万円ほどです。実家暮らしのため、家賃補助がもらえていません。

基本給が17万とありえないほど低いため、月40時間程度残業をしてやっと手取り20万行くか行かないかです。
昇給は基本的に課長職に昇進するまではないため、平社員の間はこの給与が常に続く形となります(4~5年程度)。

ボーナスに関しては上司から口頭で査定を伝えられるだけで詳細な査定項目は不明です。
そのため自分よりノルマの達成率が30%以上低い人でも40万円くらい差がつくこともあり、非常に不透明です。
参照:カイシャの評判

 

まつぱち

そりゃあ、士気も下がるよねとしか言えないですね。

ポイント2:あくまで20代向け転職エージェント

マイナビは後発でサービスしたこともあり、生き残りの戦略として20代向けを強調している転職エージェントです。

 

まつぱち

リクルートもdodaも大手は比較的広く薄くユーザーを集めている中で珍しいです!

マイナビエージェントの公式サイトにも「20代に信頼されている転職エージェントNo,1」と書かれています。



参照:マイナビエージェント公式HP

 

まつぱち

実際に登録年代も65%以上が20代です。

マイナビエージェントにサービスの依頼をする企業も当然このデータは見ているので、必然的に若い世代を求めている求人が多くマイナビエージェントに集まります。  

 

るてぃ

私が働いている会社も、最初はスキル高い営業職の求人をマイナビエージェントにも頼んでいましたが、全然紹介もらえないのでやめました。

なので、20代にはまだおすすめできるエージェントですが、30代以降の方には紹介できる求人がかなり少ない。

 

まつぱち

30代以上がわざわざ登録するメリットは少ないです。

20代でも登録拒否される可能性あり!?
人材業界の豆知識②

マイナビエージェントは成功報酬型のビジネスなので、自分たちが抱えている求人の中で入社が決まらないと、企業からお金がもらえません。
つまり、どんなに紹介をしたとしても、入社が決まらなければ売り上げ0です。  
なので、決まりそうな人を優先して登録させているのは仕方がないことでしょう。


注意したほうが良いのは

・20代で転職経験3回以上
・半年以上のブランクがあいている
・アルバイトや派遣など非正規雇用で一度も正社員になったことがよい人

上記条件に当てはまっている方は、「ハタラクティブ」や「ウズキャリ」だと職歴に自信がない方のフォローを専門でやっているためおすすめです。
マイナビエージェントに登録しても塩対応をされる可能性が高いのでおすすめしません。 

他にもあるマイナビ エージェントの悪い点

キャリアアドバイザーは紹介する求人の詳細を知らない

 

まつぱち

他の大手エージェントと同じくマイナビも分業制で仕事しています。

つまり、企業担当と求職者担当(キャリアアドバイザー)が別の人になります。

なので、キャリアアドバイザーは自分が紹介している会社の詳細な情報を全く知らないです。

正確には、企業担当から共有されていますが、上手く伝わっていないケースが多いです。


企業に訪問してやり取りしているのは、企業担当なので、

  • 紹介する会社の社内の雰囲気
  • やり取りしている人事担当の雰囲気
  • 求人票では伝わりにくい会社のビジョンや想い
  • 給与体系の詳細やキャリアアップの仕組み

などキャリアアドバイザーは分かりません。

直接見て聞くのと、又聞きで聞くのは得られる情報が全然変わるので、詳細を知らないキャリアアドバイザーの話を鵜呑みにしてしまうのは、求職者にとって致命的です。

 

るてぃ

何も知らずに紹介するってかなり無責任だし怖いですよね〜。

転職エージェントには大きく2つのタイプがある
人材業界の豆知識③

転職エージェントは大きく2つのタイプに分かれます。

  • 分業タイプ:企業担当と求職者担当が別
  • 一気通貫タイプ:企業担当と求職者担当が一緒


    特徴としては、分業タイプは「数うちゃ当たるだろう」と企業への紹介数を重視している傾向が強く、一気通貫タイプは「狙い撃ち」で紹介の質を重視する傾向が強いです。


    ※パソナキャリアは分業タイプと一気通貫タイプのどちらも採用

情報量が多すぎでサイトが見にくい

 

まつぱち

マイナビエージェントでは21個の専門サイトが存在します。


参照:マイナビエージェント マイページ

特設サイトがあるのは良いことだと思いますが、後から追加で作ったのか、ユーザーからするとサイトを行ったり来たりしなければいけないので使いにくいです。

アプリがなく使いにくい

 

まつぱち

マイナビエージェントは唯一アプリがない・・・!

 

るてぃ

他社大手エージェントは軒並みアプリを揃えているので、かなりデメリットですね。


20代向けの転職エージェントでアプリがないって致命的な気がしますが。。

ちなみにtypeエージェントはアプリはないですが、LINEの公式アカウントにおいてマイページと連動したメッセージのやり取り可能な便利な機能があります。

それでもマイナビ エージェントをオススメするとしたら

 

まつぱち

20代正社員で初めての転職や2回目の転職ならオススメできます。

また、アプリの有り無しは特に気にしないという人ならさらにオススメできますね。

マイナビエージェントをオススメできる理由は2つ。

オススメポイント
  • 第二新卒歓迎の求人は多い

  • メール量は他社と比べると少なめかつ見やすい

第二新卒歓迎の求人は多い

 

まつぱち

さすが、20代に強いマイナビエージェントですね。

第二新卒歓迎の求人数はリクルートエージェントに比べるとやはり劣ってしまうものの、求人件数No,2のdodaより多い結果が出ています。
※非公開求人の求人数は正確には分かりませんが大体公開求人数と同じ結果になることが多いです。

全体求人件数はdodaが約13万でマイナビエージェントが約4万なので、マイナビエージェントの第二新卒歓迎求人の割合が高いことが分かります。

ただ、マイナビは2011年から第二新卒に特化した転職エージェント「マイナビ20s」のサービスも提供しており、このサービスの方が年代が近いアドバイザーがつく可能性が高いため、気軽に相談したいなら「マイナビ20s」の利用をオススメします。

メールが見やすい

 

まつぱち

メールがまとまっていて見やすいという声も多かったです。

 

るてぃ

スパムメールのように送られてきても疲弊しますからね。

 

まつぱち

特に勤めながら転職する方は、出来るだけストレスを減らして転職活動をするのは、結構大事なポイントだったりします!

サービス多すぎ?マイナビが展開しているサービスを紹介

 

まつぱち

実はマイナビは20代の中でもさらに区切ってサービス展開しています。

マイナビは基本20代の転職支援を得意としており、20代の中でもさらに区切ってサービス展開をしています。

  • 第二新卒、既卒未就業者の方にオススメ→マイナビ20s
  • IT・ゲーム業界への転職を希望している方にオススメ→マイナビクリエイター
  • 自分のペースで転職したい方にオススメ→マイナビ転職

 

まつぱち

そもそも「転職サイト」と「転職エージェント」の違いが分からない方はこの記事を読んでみてください。

マイナビエージェント以外で登録した方が良いエージェント

 

まつぱち

転職に成功している方は、平均3~4社エージェントを活用しています!

転職エージェントのやり取りはどうしても対人になるので、相性が合う合わないが発生してしまうので何社か保険で登録しておいた方が良いです。

合わない担当と無理にやり取りを続けていても良い結果は出ません。

「一生懸命対応してくれているのに申し訳ないから」と思うより、「上手くエージェントを活用する!」と割り切った方が自分にとって良い転職活動ができている人が多いですよ!

 

るてぃ

企業はお金を払いますが、求職者は無料で利用できますしね!

全員にオススメのエージェント

運営会社
株式会社リクルートキャリア
オススメ年代
全年代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

リクルートエージェントは株式会社リクルートキャリアが運営する総合転職エージェントです。
とにかく抱えている求人件数が他社エージェントを圧倒しているので、情報収集の意味合いでも登録しておくことをオススメします。

しかし、業界No,1で利用者数も多い分、転職サポートは中小規模のエージェントと比べると手薄になります。デメリットを補う他社エージェントと併用して使うことが、転職を有利に進める上でのポイントにです。

リクルートはゴリゴリの営業会社なので、年収交渉や内定交渉は得意です。上手に活用するとかなり心強いエージェントになります。

 

転職初心者または女性にオススメのエージェント

運営会社
パソナ株式会社
オススメ年代
20代~40代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

手厚いフォローに定評がある総合転職エージェントのパソナキャリア。
2020年 オリコン顧客満足度調査ランキングでは1位を獲得しています。

人材派遣業界最大手の「パソナ」が運営しており、取引企業数も16,000社と多いため求人数も充実。
何より、パソナの社風が「自社の利益よりも社会貢献を重視」しているため、求職者対しても親身なサポートをしてくれます。

人材派遣から始まり40年以上の実績があるため、女性向けの求人も充実しているのが特徴です。

 

ハイキャリア層にオススメのエージェント

運営会社
株式会社ジェイエイシーリクルートメント
オススメ年代
30代以上
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

JACリクルートメントは年収600万以上のハイキャリア層にオススメの総合転職エージェントです。
※年収600万以下の場合は紹介がもらえない可能性があります。

外資系・国内企業のグローバルポジションにおいて実績No,1。管理職、エグゼグティブ層の転職でも必ず名前の上がるエージェントです。
求人の質の高さとキャリアアドバイザーの質の高さに定評があるので、キャリアに自信がある層は登録しておくべき転職エージェントでしょう。

一方で、年収で人を見る傾向があり、年収が低い人が登録した場合はドライな対応をされる良くも悪くも対応がハッキリしています。

どの業界・職種に行きたいか決まっている人にオススメのエージェント

 

るてぃ

ぜひ自分に合った転職の方法を見つけて、納得のいく転職をしてくださいね!

この記事に関連するジャンル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ