第二新卒エージェントneo(ネオ)とは?おすすめできる人や口コミ・評判を徹底解説

記事更新日: 2020/10/25

ライター: けんけん

人生の分岐点である転職時期。転職活動は慎重に行いたいところ。

この記事では、転職エージェントである「第二新卒エージェントneo(ネオ)」について解説していきます。

第二新卒エージェントneoの特徴まとめ
  • 20代までの若手向き
  • 年収がおよそ400万円以下の人向き
  • 対応可能エリアは東京、大阪、名古屋、福岡

きだっち

社会人経験が浅い私でもちゃんと転職できるのでしょうか…?あまりスキルもないし不安です…。

けんけん

僕も20代前半で2回転職したので気持ちはすごくわかります。若手向けの転職サイトは結構ありますよ。

きだっち

「第二新卒エージェントneo」が自分に合っていると思ったのですが、実際のところどうなんでしょう?

けんけん

ぴったりだと思いますよ。僕も使ったことあるので、実体験を元に解説していきますね。

本日のアシスタント
アラサーOL きだっち
JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!
派遣社員(事務職)から未経験エンジニアへのキャリアチェンジを実現させました!
Twitter:@kidachi_JobTier

第二新卒エージェントneoの特徴とは?

 

運営会社
株式会社ネオキャリア
対象年代            29歳まで
対応地域
全国(関東、関西、名古屋、福岡は対面可能)
求人の幅            幅広い職種
求人の量
求人の質
受信メールの量    普通
まずは公式HPを見る  〉
第二新卒エージェントneoは、業界内でも珍しい「第二新卒」に特化した転職エージェントです。
18~28歳までの転職支援実績は22,500人。
 
担当者は全員が第二新卒でネオキャリアに入社。第二新卒の転職の苦労を知っているからこそ、求職者の気持ちに寄り添った丁寧な転職サポートが特徴的です。

仕事に熱い人が多いネオキャリアでは、求職者一人当たりの平均サポート時間も10時間と長く、入社後も積極的にフォローしてくれます。

ちなみに「第二新卒」とは?

  • 社会人経験が3年未満の会社員・フリーター
  • 大学や高校を卒業してから3年未満
  • 大学や高校を卒業してから3年未満で、かつ社会人経験がない

第二新卒エージェントneoの求人件数は明確な記載がないものの、1万社以上のお取引先がある点から求人件数は1万件以上あると言えます。

求人は、IT業界を中心とした他業種の取り扱いがあります。

きだっち

他社大手エージェントと比べても求人数が多くなりますね!

けんけん

これぞ、特化型エージェントの特徴ですね。

若手が対象の転職エージェントなので、200万円台後半〜400万円台前半の求人が中心です。

第二新卒エージェントneoの面談場所

参考:面談予約画面

対面で面談できない場合は、オンライン面談を受け付けています。

第二新卒エージェントneoの運営会社ってどんなところ?

会社名 株式会社ネオキャリア
設立年 2000年11月15日
本社 東京都新宿区
支社 大阪、名古屋、福岡
資本金 100,000,000円
グループ会社数 25社
法人向け事業 人材紹介、Web会議システム、採用マッチングアプリ、IT受託開発など
個人向け事業 就活支援、転職支援

 

けんけん

要は信頼性のある大きな会社です。

第二新卒エージェントneoの運営会社である「ネオキャリア」は、売上規模550億円超えのいわゆる大企業です。

中途転職支援や求人広告事業を主軸として、今や25社のグループ会社を抱え、事業拡大を続けてきました。

第二新卒エージェントneoは、数ある事業のうちの一つになります。

 

面談予約や面談の流れはどんな感じ?

けんけん

面談予約までスピーディーかつ簡単です。

 

会員登録

第二新卒エージェントneoへアクセスし、会員登録を行います。

登録を済ませるとこんなメールが返ってくるので、マイページへログインします。

 

面談予約

ログインしたら面談場所を選択します。

転職初心者の場合はヒアリングをじっくりされるので、なるべく対面で面談を受けるのがベターです。

面談日時は一週間だったら比較的予約しやすいです。

平日の日中しか対応していないので、僕は有給を使って面談に行ってきました。土日は営業していないので要注意。

 

面談前日

忘れないようにリマインド通知を送ってくれます。

 

いざ面談場所へ

僕の場合、新宿の本社で面談を行いました。

新宿駅から西口方面へ10分歩いて現地へ到着。初めて新宿に行く人は迷う可能性があるので、早めに着くように行くと良いでしょう。

エレベーターで2Fへ上がり、ネオキャリアの受付へ。

クセがある電話で若干まごつきますが、落ち着いて担当者を呼びます(笑)

なかなかおしゃれな待合スペースで呼ばれるまで待ちます。

待機スペースには、かなりカジュアルな格好の若者が何人か座っていました。あまり気を張ってカッチリした服装でなくとも良い雰囲気。

 

担当者と挨拶を交わし、このような個室の面談スペースへ案内されます。

 

面談の流れ

僕は次のようなことを聞かれました。

当日聞かれたこと

  • なぜ転職しようと思ったのか?
  • どんな業界に行きたいか?
  • どんなポジションでどんな仕事がしたいか?
  • 次の転職先の条件は?

必ず聞かれるので、事前に答えをメモしておくと良いでしょう。

もし回答がうまくできなくても、担当者がやり取りの中でうまく汲み取ってくれるので大丈夫です。

 

面談後

面談後に実際に求人が送られてきます。僕の場合は翌日に送られてきました。

 

第二新卒エージェントneoのメリット・良い評判・口コミ

きだっち

第二新卒エージェントneoの良い点はなんでしょうか?

けんけん

次の点がメリットです。

スタッフが「第二新卒転職」経験アリなので、寄り添ったサポート

若手のうちだと不安だらけの転職活動。

なるべく頼りがいのある担当者と巡り会いたいですよね。

 

 

きだっち

スタッフが第二新卒での転職を経験してるからこそ、転職の辛さを共有できるのは心強いですね。

 

年齢が近くて親近感が湧く

きだっち

担当者はどんな方なんでしょう? すごい言いづらいんですけど、歳が離れたオジサンとかが担当者だったら、ちょっと不安で…

けんけん

あー、それは不安ですよね。その点はご安心ください!

第二新卒エージェントneoは、20代のエージェント(担当者)がほとんど。

 

きだっち

歳が近い方が担当してくれると、相談しやすくて精神的にも楽ですね。

けんけん

僕が使っていたとき周りの求職者の方を見かけたのですが、担当者とみんな仲良さそうでしたね。

 

丁寧なサポートが売り

けんけん

他にも1人あたり平均10時間以上の丁寧な転職サポートを売りにしているのが特徴。

初回面談時間も最大2時間なので他社に比べてとても丁寧です!

きだっち

以前、他社の大手エージェントを受けたら、1回30分の面談だけであとは塩対応だったことがあります。。

るてぃ

そうなんですよね。大手エージェントだと利用者が多い分、フリーターとか早期退職者は非常に不利です。

転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデルなので、自分が担当している転職希望者が自分が保有している求人の会社に入社しないと1円にもなりません。

けんけん

報酬は多くの会社で年収の約30〜35%。

そりゃあ、年収高い転職が決まりそうな方を優先的にサポートしますよね!

きだっち

なるほどそれが理由だったんですね。

 

第二新卒エージェントneoのデメリット・悪い評判・口コミ

きだっち

逆に悪い点はあるのでしょうか?

けんけん

口コミの情報を加味しながら、解説していきますね。

 

求人がミスマッチのときがある

 

きだっち

自分が受けたくない求人だと、泣きたくなりますね。

けんけん

あーでもこれって、どこのエージェントでも割と多いんです。

百戦錬磨の担当者でも、一発で要望が分からないときもあるんです。

なので、意向に沿わない求人が送られてくるのです。

けんけん

僕も全く同じことが過去にあって、フィードバックして良い求人を送ってもらえるようになりました。

もしミスマッチな求人が多かったら…
  • 担当者に「こういう求人は送らないでください」と伝える
  • 言ってもダメだったら担当者を交代してもらう

 

辞退しようとしたら強引に止められる

 

けんけん

正直これはどのエージェントでも一緒ですね。

強引さの度合いは担当者によって違うと思いますが、求職者を紹介するビジネスなのが人材紹介業。

 

けんけん

エージェント(担当者)にとって、内定辞退や選考の辞退はなるべく避けたいものなんです。

第二新卒エージェントneoに向いている人

他の転職エージェントで断られた人

実際に大手エージェントから断られて困っている方も少なくないでしょう。

フリーター、早期離職、低年収などは転職が決まりにくいため、転職エージェントから対応を断られることがあります。

しかし第二新卒エージェントneoでは、そのような門前払いはありません。

フリーターや第二新卒でも受かる可能性がある求人を扱っているのが特徴です。

23歳 男性 新卒1年で離職
体育会系の会社の体質に馴染めず、新卒からわずか1年で退職しました。何社か大手転職エージェントに問い合わせてみたのですが、手に職を持っているわけでもなかったので、「ご紹介できる求人がありません」と返答されることがほとんど。正直絶望してました。
そんな中第二転職エージェントneoに出会い、未経験でもOKな求人をいくつも紹介していただくことができました。

 

無理なことは無理とハッキリ言ってほしい人

26歳 男性 フリーター
懸念していた売り込み色も少なく、回答も丁寧で良かったです。
現在から高校までどんな部活をしてきたのか、どんな仕事をしてきたのかを丁寧にヒヤリングしてもらい、最終的にはスキルがない僕でも挑戦できる求人を提案いただけました。最初事務職を希望したのですが、事務の求人は厳しいとハッキリ言ってもらえました。金銭的にも早く転職しないとやばかったので、ちゃんと答えてくれるのは好印象を持ちました。

 

自分の考えが整理できていない人

25歳 女性 営業職
 
1時間30分近くお話を聞いてもらい、自分のやりたいこと・出来ることを整理してもらいました。
雑談の中で色々と聞いてもらえたので非常に話しやすかったです。

 

第二新卒エージェントneoに向いていない人

向いていない人

  • 高年収の転職を目指している人
  • 30代以上の人
  • 経歴が割ときれいめな人
  • 手に職を持っている人

第二新卒エージェントneoで紹介できる求人は、年収レンジの低い求人や未経験者向きの求人のため、上記に当てはまる人あまりおすすめできません。

高年収での転職を目指していたり、経歴も3年以内の早期離職など汚れていなければ、他の転職エージェントを使うのが懸命です。

 

例えば、大手総合型のリクルートエージェントなどが狙いどころです。

運営会社
株式会社リクルートキャリア
オススメ年代
20代、30代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

リクルートが運営する人材紹介サービス「リクルートエージェント
リクルートは今も昔も人材業界のゆるぎないNo,1企業です。絶対的No,1の位置にいるため、他社と比べても求人保有数も圧倒的に多いのが特徴です。

求人保有数もキャリアアドバイザーの人数も多いので、どうしても当たりハズレが出てしまうのがデメリットとしてあげられます。

 

第二新卒エージェントneo以外で役に立った転職エージェント

けんけん

第二新卒のときに使ってよかった転職エージェントを紹介します。

ウズキャリ

 

運営会社
株式会社UZUZ
オススメ年代
18~29歳
対応地域
首都圏・名古屋・大阪・福岡
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

ウズキャリは18~29歳までのキャリアに自信が無い方の転職支援におすすめの転職エージェントです。

転職をサポートしてくれるエージェントは、「元既卒」「元第二新卒」であり、共感性の高いサポートが特徴。

取り扱う求人は、今後の伸びが期待されるIT系が多い為、IT分野への転職を考えている方には特におすすめの転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの中でも「サポート品質」が高いパソナキャリア。

「人」を重視した運営をしているので、転職の方向性を決める初回面談、選考準備に至るまで常に親身に相談に乗ってくれました。

運営会社
パソナ株式会社
オススメ年代
20代~40代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

手厚いフォローに定評がある総合転職エージェントのパソナキャリア。
2020年 オリコン顧客満足度調査ランキングでは1位を獲得しています。

人材派遣業界最大手の「パソナ」が運営しており、取引企業数も16,000社と多いため求人数も充実。
何より、パソナの社風が「自社の利益よりも社会貢献を重視」しているため、求職者対しても親身なサポートをしてくれます。

人材派遣から始まり40年以上の実績があるため、女性向けの求人も充実しているのが特徴です。

 

ワークポート

 

ワークポートをおすすめする理由は、IT業界未経験者も対応可能という点です。

今後の需要増が確定しているITエンジニアへのジョブチェンジを検討している人は、活用すると良いでしょう。

 

運営会社
株式会社ワークポート
オススメ年代
20代
対応地域
全国主要都市
求人の量
   
求人の質
  
サポート体制
  
提案力
  
まずは公式HPを見る 〉

ワークポートは、人材紹介業で17年の実績がある老舗の転職エージェントで、累計の利用者は50万人にも上ります。

IT・Web・ゲーム業界に強いと評判のワークポートは、IT・Web系においてリクルートエージェントやdodaエージェントに次ぐ国内屈指の求人数を誇ります。

元々IT・Web業界のみを扱う特化型エージェントでしたが、ゲーム業界やその他の業種も扱うようになり、今では全職種取り扱う総合型の転職エージェントになりました。

そのため、プログラマー、Webディレクターやマーケター、ゲーム系のプランナーやエンジニア職での求人はもちろん、技術職以外での求人の取り扱いも豊富なのが特徴です。

求人の量や圧倒的な対応スピードに定評があります。

 

この記事に関連するジャンル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ