AMBI(アンビ) 評判|利用して分かった注意点を採用のプロが解説

記事更新日: 2021/06/03

ライター: るてぃ

この記事の結論
  • AMBI はエン・ジャパンが運営するサイトで高収入・好条件の求人が多いが釣り案件も多いので、見極めが必要

  • AMBI はメールの量がとても多く、利用するメリットも少ないので登録はオススメしない

  • 理想の転職に近づくための転職サービスは人によって変わるので、自分に合ったサービスを選ぶ必要あり
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上

本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

 

るてぃ

最近、インスタやFBの広告でもよく見かける「AMBI (アンビ)」

エン・ジャパンが運営していると感じさせないオシャレなデザインと、

年収400万以上の若手ハイクラス層をターゲットにした年収高めの求人が並んでいるので、気になっている方も多いのではないでしょうか?


参照:AMBI マイページ

AMBI」では確かに大手企業からのスカウトも多いので、魅力的ではあるのですが・・・

 

るてぃ

結論からお伝えすると、本サイトではAMBIの登録はオススメしていません!!!

一番の理由は、メーラーがパンクするくらいのメールが来るから・・・!(しかも条件に合わない求人ばかりで迷惑!!)

そこで、この記事では実際に1ユーザーとしてAMBIを利用したこともあり、人事としてAMBIの営業担当とやり取りをして裏事情も知っている私が、

  • なぜ転職で「AMBI」を使うことはオススメできないのか
  • 1ユーザーとして「AMBI」を使ってみた感想
  • 「AMBI」から届くスカウトメールの裏事情

を中心にしっかり解説していきたいと思います。

 

るてぃ

実際に使ってみた結果も書いているので、最後まで読み進めてみてくださいね。

また、JobTierとしてはAMBIは本当にオススメ出来ないので・・・

も合わせて読んでいただき自分に合う転職サービスを見つけてもらえたらと思います。

AMBIを検討している方にオススメなのは・・・

優良企業から直接スカウトがもらえて内定獲得に繋がりやすい「ビズリーチ」が狙い目。
求人件数も10万件で様々な企業を見れますし、しつこく電話もかかってこないのが良いです。



AMBIとは・・・

るてぃ

まずはAMBIとはどんなサービスなのかを簡単に解説します。

 

るてぃ

何とAMBIの登録ユーザーは97%が25歳〜34歳!

サイトをオシャレに仕上げている理由も分かります。

他にはないAMBIの特徴

 

るてぃ

ビズリーチやミイダスと比べられることが多いスカウト型転職サイトのAMBI

実際に、どんな特徴があるのか詳しくまとめてみました。

AMBIの他社にない特徴は3つ

  • 年収400万以上の若手のみ登録可能
  • 大手企業の求人が異様に多い
  • 合格可能性判定「マイバリュー」機能が面白い

 

るてぃ

1つずつ解説していきます!

 

年収400万以上の若手のみ登録可能

AMBIでは年齢と年収の条件を満たさないと登録できないため、他転職サイトと比べるとかなり審査が厳しいサービスだと言えます。

なぜ、エン・ジャパンがあえて登録審査が必要なサービスを始めたかと言ったら、単純に20代ハイクラス層向けサービスだけなかったからです。

 

るてぃ

他のエン・ジャパンの転職支援サービスを見てみるとよく分かります。

  • 20代〜30代でキャリアに自信がない方:エン転職
  • 30代後半ハイクラス層:ミドルの転職
  • 転職エージェントにサポートしてもらいたい方:エン・エージェント

とエン・ジャパンではすでに既存サービスが充実しています。

ここにわざわざターゲットが被るライバルサイトを作る必要はないので、ターゲットが被らない層を探すと20代ハイクラス層だったという訳です。

 

るてぃ

1つ注意点は、20代で年収400万の人がエン転職に登録すると、勝手にAMBIにも登録されてしまうので気をつけてください。

エン・ジャパンでは「エン転職」「ミドルの転職」「エンエージェント」「AMBI」で利用規約が同じなため、1つのサービスに登録すると条件が当てはまれば他のサービスにも勝手に登録されます。

 

るてぃ

メールの量がめちゃくちゃ増えるので、ユーザーからしたら迷惑な機能です。。

他のスカウト型転職サイトを含めてマッピングしてみても、AMBIのスカウトメール量は多いです。

これが全て自分にマッチするスカウトならいいのですが、合わないスカウトメールばかり来るのでただの迷惑です(涙)

大手企業の求人が異様に多い

 

るてぃ

AMBIで「大手企業」のタグで検索してみると・・・

1万8千件以上も求人が出てきます!!


参照:AMBI マイページ

 

るてぃ

しかも名だたる大企業が多い・・・!

感覚的にはIT、メーカーが多く、商社や銀行の求人は少ないです。

現在募集している求人でみると、

楽天・Apple・サイバーエージェント・日本IBM・セールスフォース・リクルート・ブルボン

などの企業の名前を発見できました。

 

他の方の口コミを調べてみても、大手求人の案件が多いという口コミが目立ちます。

 

るてぃ

ただ、1万8千件の求人の内訳をよくよくみると、同じ会社が十数件求人を掲載したりしています。

1万8千「社」の求人が掲載されているということではないので注意してください。

ちなみに私は大手企業の人事からのスカウトは一件もなかったです。。

合格可能性判定「マイバリュー」機能が面白い

 

るてぃ

AMBIが売りにしているのが「マイバリュー」という機能

求人に「★興味あり」を押すと企業または転職エージェントがあなたの履歴書を閲覧し、合格可能性を「◎」「◯」「△」で判断するという機能です。


参照:AMBI マイページ

また、AMBIではゲーム感覚で転職が楽しめるような仕掛けがしてあり、職務経歴書を埋めていったり、エントリーの数が増えるとレベルアップ出来るようになっているのも面白いです。


参照:AMBI マイページ

実際に使ってみたAMBIの注意点

 

るてぃ

AMBIはかなり短期間ですが、私も1ユーザーとして利用したことがあります!

なぜ、私が短期間で利用を辞めてしまったかというと・・・

  • AMBIから送られてくるメールの量がとにかく多い! 
  • その割にこれといって利用するメリットがない!

からです。

 

るてぃ

なので、私としてはAMBIの利用はオススメはしません。

利用してみて分かったAMBIの注意点を中心に辛口でレビューしていきますね。

AMBIの注意点

  • ログインしていないにも関わらずメールの量が多すぎる
  • ログインするとさらに大量のスカウトメールが届く
  • 釣り求人が多い
  • マイバリューの審査が遅い

▼AMBIの退会方法は簡単なので、間違えて登録してしまってもすぐに退会できます。

ログインしていないのにメールの量が多すぎる

まず登録のきっかけをお伝えすると、もともと私は「AMBI」に登録しようと思って動いたわけではなく、

「エン転職」に登録したら「AMBI」にも登録されちゃったというのが、正直な登録のきっかけです。

 

るてぃ

なので、あまり真剣に利用する気はなく、詳細な職務経歴も入れずに登録しただけでした。

そんな状態なので、ログインも最初1回しかしておらず放置だったのですが・・・

 

るてぃ

放置状態なのにとにかくメールの量が多すぎる(涙

とある平日にAMBIから来たメールの一覧です。1日で7通メールが送られてきました。

 

るてぃ

繰り返しますが、「放置した状態」なのにです。

通常の転職サイトだとログインがされないとメールの量も減っていくものです。

しかしAMBIは1か月以上ログインしてないにも関わらず、全くメールを送る量を落とさずに送ってきます。

 

るてぃ

AMBIに限らず、エン・ジャパン運営の転職支援サービスはメール量が多いので注意してください。

ログインするとさらに大量のスカウトメールが届く

 

るてぃ

これはログインしたら一体どうなるんだろうと思い、ログインしてみました。

すると、今度は「待ってました」とばかりに大量のスカウトメールが・・・

 

るてぃ

今度は1時間で7件スカウトメールをいただきました。

その後も息つく間も無くスカウトメールの嵐・・・。

しかもこれ、ほとんどが企業から直接のスカウトではなく、転職エージェントからの「キャリア相談を一度やりませんか?」というスカウトメールなんです。

AMBIは登録したユーザーのデータを中小エージェントに売っている?
人材業界の悲惨な裏事情

昨今は転職エージェントが乱立して顧客の獲得が厳しいため、転職エージェントは他社転職サイトに登録したユーザーのリストを購入し、スカウトメールを打つことでお客さんを集めているのが現状です。

このこと自体は合法なのですが、この事実を知らないユーザー(あなた)からすると、AMBIに登録して企業からスカウトをもらえると思ったのに、
・「なんでこんなに無名の転職エージェントからばっかりスカウトが来るんだ」
・「個人情報が漏洩されてるんじゃないか」
と思う訳です。


特にAMBIに登録している転職エージェントは基本的に聞いたこともない中小規模の転職エージェントが多いです。

例えばこんな会社からオファーされたり・・・

こんな会社からオファーされたりします。


転職エージェントのビジネスモデルを理解していると非常にわかりやすいのですが、
転職エージェントは自分のお客さんである求職者が、自分が抱えている求人の中で転職を決め入社しないと1円も売り上げになりません。

つまり、まずは面談をする求職者がいないと話にならないので、売り上げ確保のために必死にスカウトメールを何通も送ってくるのが実態です。

釣り求人が多い

 

るてぃ

大量に送られてくるスカウトメールも自分の希望とマッチしていれば、まだいいのですが・・・

AMBIの求人を見る限り、大手など知名度の高い求人で釣って、「まずはキャリア面談に漕ぎつけよう」という魂胆の転職エージェントが多いような気がします。

 

るてぃ

下記は実際に送られてきたスカウトメールの一部です。

転職エージェントの方が紹介してくれたのは、誰もが知っている超大企業の求人。

しかも年収は〜900万円。


参照:AMBI マイページ

このスカウトを見て私が思った率直な感想は、

 

るてぃ

え、本当に私の職務経歴書見てる???

です。 確かにマーケティングは興味があるにチェックをつけたような気はしますが、職歴としてはほぼ未経験です。

しかも〜900万円って下限の年収を書かないのはどうなんでしょうか。

 

るてぃ

人事目線で言わせてもらうと、超大手の知名度と年収でユーザーを釣っているだけですね!

人事側が一番恐れているのは、求職者と揉めて、ひどい口コミをネットに書かれることです。

なので、揉めやすいお金に関しては、ちゃんとした企業ならきっちり記載します。

それをあえて隠して〜900万円と記載するのは、転職エージェント側の汚い戦略だと言えます。

 

るてぃ

でも、この転職エージェントは企業名が分かる求人をつけているのでまだいい方かも・・・

もう一例紹介します。


参照:AMBI マイページ

年収800万円〜1499万円の求人を紹介してくれた素敵な転職エージェントがいました。

非公開求人なので企業名も分からない状態です。

 

るてぃ

え・・・年収で見たら下限でも2倍近く上がることになるよ?

この紹介の仕方を見て「さすがに現実的じゃないからやめてほしい」と思いましたね。。

 

やはり、実際に送られてきたメールを見ても「AMBIに釣り求人は存在する」は事実としか言えないです。

いざこの転職エージェントと面談をして、「メールで頂いた求人の詳細を知りたいのですが」と聞くと、

「もう募集が終了してしまったんですよ〜」と紹介を断られることが目に見えています。

マイバリューの審査が遅い

 

るてぃ

AMBIの特徴である「マイバリュー機能」

でもこれって使うメリットないです。

まず少し納得いかないのは、最初のログイン時にAMBI側から「あなたにオススメの求人10選」としてオススメ求人の「興味あり」「興味なし」を迫られるのですが・・・

 

るてぃ

その結果、「興味あり」を選んだ求人に合格可能性小がつくのってなんだか悲しい

「いやそっちが最初にオススメしてきたんじゃん」と思ってしまいました。


参照:AMBI マイページ

また「マイバリュー機能」は売りにしている機能なはずなのに、判定が出るのが遅いです。

「興味あり」を押したことを忘れた頃に判定が出るので、今後はもう少し早く出してくれることに期待します。

 

るてぃ

また気になるのは、「合格判定可能性が大と出た求人は本当に内定をもらえる可能性が高いのか」ということじゃないでしょうか?

人事の意見としては、「この合格判定は内定率UPには関係ない」ですね。

企業側が判定しているなら、少しは内定率が上がるかもしれません。

しかし、実態として判定しているのは転職エージェントがほとんどです。

 

るてぃ

前述の通り、転職エージェントはお客さんをまずは獲得したいので、基準がどうしても甘くなります。

私も実際に、転職エージェントを何社も使って中途採用を行なっていますが、企業人事側の求める人物像の基準と、転職エージェント側が思う紹介したい人物像の基準を合わせるのがめちゃくちゃ大変なんです。

 

るてぃ

ずれた人を紹介する転職エージェントも多いので、この合格判定は本当に参考程度にした方が良いですよ!

理想の転職を実現するためには

 

るてぃ

最後に、AMBIの代わりにオススメしたい転職サイトを紹介します。

AMBIのライバルサイトの位置付けになるのは「ビズリーチ」「キャリトレ」「ミイダス」といったスカウト型転職サイト。

 

るてぃ

私のオススメはビズリーチ」です。

ビズリーチは、求人数・質はトップクラスなのに、ミイダス やAMBIより質の高いスカウトをもらえるからです。

(OpenWorkも最近本格リリースしたので狙い目のサービスですが、まだスカウトサービスを使っている企業がすごく少ないのがネック)

企業からのみスカウトがもらえる:ミイダス 、OpenWork
企業と転職エージェントからスカウトがもらえる:ビズリーチ、キャリトレ、AMBI

ちなみにミイダス はスカウトが通数無制限で送れる仕様なので登録しない方が良いです。

実際、メールは1週間に1回まとめてるので受信BOXへの害はないですが、自分の希望条件にマッチしないスカウトばかり来る印象です。

AMBIを検討している方にオススメなのは・・・

優良企業から直接スカウトがもらえて内定獲得に繋がりやすい「ビズリーチ」が狙い目。
求人件数も10万件で様々な企業を見れますし、しつこく電話もかかってこないのが良いです。



ビズリーチは課金のイメージが強いかもしれないですが、無料会員のままでも十分内定獲得を狙えるサービスです。

詳しくは下記の記事にまとめたので、こちらを確認ください。

 

るてぃ

また、20代なら「キャリトレ」もオススメですね!アプリがとても使いやすいです!

運営会社
株式会社ビズリーチ
オススメ年代
20代
対応地域
全国(首都圏中心)
求人の量
求人の質
まずは公式HPを見る  〉

キャリトレは株式会社ビズリーチが運営する20代向けのスカウト型転職サイトです。
登録者の73%が20代のため、求人も若手募集の求人が多いです。

キャリトレが売りにしているのは5分から始められる転職活動。
AIが自動でその人に合った求人をオススメしてくれて、求人の「興味あり」「興味なし」を回答するほど、AIが学習してオススメの精度が上がるという機能です。

 

るてぃ

人によって自分に合う転職支援サービスは変わってきます。
本気で転職を考えている人はこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

この記事に関連するジャンル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ