アクシスコンサルティングの口コミ・評判|実際に面談してもらった

記事更新日: 2020/12/28

ライター: るてぃ

この記事の結論
  • アクシスコンサルティングはコンサル業界への転職を考えている人以外は登録してもムダ!

  • アクシスコンサルティングは平均3年の長期転職サポートとエージェントの質の高さが強み

  • 20代であれば未経験の転職でも10~20社のコンサルティングファームの求人を提案してくれる可能性あり
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上

本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

 

るてぃ

コンサル業界への転職ならアクシスコンサルティングが良いって聞いたんだけど、実際どうなの?

今回の記事ではこのような疑問に解決したいと思います。

 

私は現在、人事として働いていますが、新卒で会社を選ぶときにはコンサル業界にも興味がありました。

その時は、最終的には

 

るてぃ

コンサル業界なんて優秀な人が多そうだし、激務そうだしやめておこう!

と思ったのですが・・・

周りでデロイトやアクセンチュアで働いている友達の話を聞くと、今の自分でチャレンジしてみたらどうなのかなとも思う訳で。

るてぃ

そこで今回、アクシスコンサルティングの無料相談を受けてみました!!

結果的に、コンサルティングファームやベンチャー人事の求人など合わせて24件の紹介をもらい、未経験でも可能性があるんだなと実感。

※コンサルの求人紹介は13件でした。

るてぃ

特段売り込み色もなかったので、コンサルティングファームに転職しようか悩んでいる方は一度、面談を受けてみることをオススメします。

そこで今回の記事では、

  • 実際に面談してみて分かったアクシスコンサルティングの実態
  • アクシスコンサルティングの悪い口コミ
  • アクシスコンサルティングをオススメ出来る人・出来ない人

について解説していきたいと思います。

 

るてぃ

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

アクシスコンサルティングとは

運営会社
アクシスコンサルティング株式会社 
対応地域
全国
求人の量
求人の質
まずは公式HPを見る  〉

現役コンサルタントの転職支援数No,1のアクシスコンサルティング
多くの転職エージェントが短期的なサポートしか出来ないのに対して、アクシスコンサルティングでは中長期的(平均3年)に丁寧な転職サポートをしてくれるのが強みです。

アクシスコンサルティングと言えば「コンサルティング業界への転職支援」のイメージが強いかと思いますが、登録者層はコンサル:エンジニア:他事業会社で、4:4:2の割合であり、エンジニア転職にも力を入れている転職エージェントです。

 

るてぃ

平均3年の転職支援にはびっくり!!
担当アドバイザーの方々もベテラン格が多いのが特徴です。

アクシスコンサルティングの特徴

 

るてぃ

最初にアクシスコンサルティングの特徴をまとめてみました。

アクシスコンサルティングの特徴

  • 平均サポート期間3年
  • コンサル転職の実績が豊富
  • 転職エージェントの質が高い

 

るてぃ

1つずつ見てみましょう!

平均サポート期間3年

 

るてぃ

公式HPにも大きく平均サポート期間が3年と書いていました。

転職エージェントはサポート期間が決まっている企業も多く、リクルートエージェントなどは3ヶ月しかサポート期間を設けていません。

それに対して、アクシスコンサルティングは平均サポート期間が3年とかなり長い!!!

 

るてぃ

キャリアアドバイザーも「すぐに転職先を決めさせなきゃ」という考えで面談をやっていないので、面談時の売り込みもありませんでした。

 

コンサル転職の実績が豊富

 

るてぃ

アクシスコンサルティングでは業界全体の約20%、4000人以上の現役コンサルタントが登録しています。

実際に、コンサル業界に太いパイプがあり、特にアクセンチュアへの実績が豊富とのこと。

 

るてぃ

未経験からコンサル転職への実績があるのも心強いですね!!

現在ではコロナの影響で全くの未経験からの転職は難しいとのことですが、エンジニア・経営企画・人事などの経験があれば、現職の経験を活かしてコンサル業界にチャレンジすることも可能だそうです。

 

転職エージェントの質が高い

 

るてぃ

アクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーは、そもそもの質が高いと言えます。

中途採用の求人票を確認してみると、アクシスコンサルティングの募集要項には、

<求める条件>

  • 法人個人含め営業経験をお持ちの方

と書いてあります。

るてぃ

実は、他社転職エージェントは、業界・職種未経験の採用ばかりです。

なので、「ヒヤリングのやり方は?」「営業とは?」から教えなければならず、かつ現場社員も忙しいのでそこまで丁寧に教えてあげることも出来ず・・・

るてぃ

結果的に、質の悪い失礼な転職エージェントが多くなってしまうんですよね。

また、アクシスコンサルティングは、企業担当と求職者担当が一緒の一気通貫(両面)タイプの転職エージェントであるのも、転職エージェントの質が高いと言える要因の一つです。

このタイプの転職エージェントの特徴は、企業情報をしっかり把握した上で求人票を提案してくれるので、ミスマッチの転職になりにくいこと。

るてぃ

企業の情報を何も知らずに推薦してくる転職エージェントは多いですが、冷静に考えると怖いですよね。

アクシスコンサルティングの場合は、付き合いが長く社風を理解している会社を紹介してくれる場合が多いので、キャリアアドバイザーが「何も知らないがために、ブラック企業を紹介してしまった!」ということはないでしょう。

転職エージェントには大きく2つのタイプがある
人材業界の豆知識

転職エージェントは大きく2つのタイプに分かれます。

  • 分業タイプ:企業担当と求職者担当が別
  • 一気通貫タイプ:企業担当と求職者担当が一緒



    特徴としては、分業タイプは「数うちゃ当たるだろう」と企業への紹介数を重視している傾向が強く、一気通貫タイプは「狙い撃ち」で紹介の質を重視する傾向が強いです。


    ※パソナキャリアは分業タイプと一気通貫タイプのどちらも採用

アクシスコンサルティングのデメリット

るてぃ

一方で、アクシスコンサルティングにはこんなデメリットもあります。

アクシスコンサルティングのデメリット
  • 求人数が少ない
  • 登録するまでどんな求人か見ることが出来ない
  • マイページがなく使いづらい

求人数が少ない

32歳 男性 エンジニア
他社転職エージェントと比べると求人数の少なさがネックになるかなと思いました。
エンジニアの経験を元にプロジェクトのマネジメント側になりたい人には合うと思いますが、開発側でやってきたい人にとっては求人数が少ないです。

るてぃ

アクシスコンサルティングは特化型の転職エージェントなので、大手総合型のエージェントと比べると求人数は少ないです。

アクシスコンサルティングの求人件数は非公開なので実際の件数は分かりませんが、メインはコンサル・エンジニア転職なので、その他業界や職種への転職を検討している方にはオススメ出来ない転職エージェントです。

 

登録するまではどんな求人が見ることが出来ない

26歳 男性 コンサルタント
他の転職サイトや転職エージェントと違って、面談を受けないと求人票が見れないのがストレスでした。
実際、面談後に15〜20件程度求人を送っていただいたので良かったですが、自分でも検索することが出来たらさらに良いなと思います。

るてぃ

アクシスコンサルティングのHP内では、求人票を見ることは出来ません。

求人票を確認出来そうな書き方をしているのですが、結果的には「新規会員登録はこちら」と登録する流れに持っていかれてしまいます。

 

るてぃ

面談をしないと求人票は確認出来ない仕組みになっているので気をつけてくださいね!

 

マイページがなく使いづらい

28歳 女性 経営企画
 
アクシスコンサルティングはマイページがなく、求人票は面談後にメールで送られてきます。
1つずつリンクを開かないといけないので、他の転職エージェントで使っているようなマイページに慣れてしまっていると使いにくくて仕方がないです。

るてぃ

マイページがないのは使いづらいですね。

大手転職エージェントのシステムに慣れてしまっている方の中には、求人票の管理や日程調整の管理がしにくいという声もありました。

実際にアクシスコンサルティングに登録してみた

るてぃ

気になったので実際に私もアクシスコンサルティングに登録してみました。

事実、コンサルへの転職は就職の時に気になっていた業界の一つ。

20代後半でもチャレンジすることが可能なのか、面談の中で聞いてきました。

るてぃ

アクシスコンサルティングで面談するまでの流れはこんな感じです。

アクシスコンサルティングの面談までの流れ

  • 新規登録を行う
  • 面談日の調整
  • 事前アンケートの回答
  • 履歴書・職務経歴書の提出
  • 面談(1時間〜1時間30分程度/Teams、Skype、電話から選べる)
  • 求人紹介のメール

るてぃ

担当になった方は20代くらいの女性の方でしたが、対応がスピーディーで安心!!

アクシスコンサルティングの場合は、新規登録をするとすぐに日程調整のメールが飛んできます。


実際にもらったメール

今は、コロナの影響もあり対面面談はなし。

Teams、Skype、電話から面談方法を選べました。

るてぃ

Teams、Skypeは場合によってはダウンロードするなど事前準備はしっかりしておいた方が良いです。

面談日が決まると、履歴書・職務経歴書・転職希望時期などを聞かれる簡単な事前アンケートを提出します。

るてぃ

面談の時間を有意義な時間にするためにも、面談前なるべく余裕を持って送ってあげましょうね!

さて、いよいよ面談当日です。

面談の流れはこんな感じで進みました。ざっくり1時間ちょっとです。

  • アクシスコンサルティングの会社概要の説明
  • 各コンサルティングファームの位置付け
  • なぜ転職を考えているのかのヒヤリング
  • 求人の提案

るてぃ

各コンサルティングファームの位置付けはマップを使って説明してくれたのですが、かなり分かりやすかったです。

実際は、アクシスコンサルティングで紹介できる企業だけのマップだったのですが、イメージとしては下記のようなイメージです。

るてぃ

アドバイザーの方曰く、私の場合、採用計画の立案や経営指針の作成もやっているので、その経験を活かして人事系のコンサルは行けるかもとのこと。

また20代後半と年齢的にも未経験の転職はギリギリのラインなので、チャレンジしてみたい希望があるなら今すぐにでも動いた方が良いとアドバイスを受けました。

るてぃ

ちなみに、マッキンゼーやボストンコンサルは他社コンサルを挟んでからチャレンジしないと難しいと言われました・・・。

これらのコンサルティングファームは学歴フィルターで落とされるケースもあるので、20代後半での転職は難易度がかなり高いと言えるでしょう。

るてぃ

結果としては、私の場合、24件もの求人を紹介していただけました!

紹介してもらった求人内訳

  • 人事コンサル:4件(アクセンチュア、クレイア・コンサルティングなど)
  • 戦略・経営コンサル:6件(KPMGコンサル、リブ・コンサルティングなど)
  • 新規事業コンサル:3件
  • ベンチャーの人事:5件
  • 営業経験を活かせるベンチャー:3件
  • その他:3件

るてぃ

コンサルの紹介も意外と多くてびっくり!

アクシスコンサルティングは未経験でも書類添削からSPIに近い筆記試験対策、面接対策もバッチリやってくれるのが強みだそうで安心しました。

また、各コンサルファームと太いパイプがある分、アクシスコンサルティングの担当の鶴の一声で面接結果がひっくり返ることもあるとかないとか・・・。

 

るてぃ

結論、コンサル業界への転職を考えている方は、アクシスコンサルティングは抑えておいた方が良いということが分かりました!!!

理想の転職を実現するには・・・

 

るてぃ

今回、実際に面談をしてみた結果や、悪い口コミを踏まえて、改めてアクシスコンサルティングをオススメ出来る人をまとめてみると・・・

オススメ出来る人
  • コンサル業界への転職を考えている人

  • 中長期的に丁寧な転職サポートをしてもらいたい人

両方に当てはまる人は、アクシスコンサルティングの登録をオススメ出来ます。

 

るてぃ

逆にアクシスコンサルティングをオススメできない人はこんな方です。

オススメ出来ない人
  • コンサル業界への転職は考えていない人

シンプルにコンサル業界への転職を全く考えていない人はオススメ出来ません。

エンジニアの転職を考えている場合も、アクシスコンサルティングよりは、レバテックキャリアやギークリーなどIT系特化の転職エージェントを活用した方が良いです。

 

るてぃ

理想の転職を実現するためには、自分に合った転職サイト・転職エージェントを見つけることが大切です。

自分に合う転職サイト・エージェント選びに迷ったら下記の記事もチェックしてみて下さいね!

 

るてぃ

あなたにとって納得がいく転職の実現を心より願っております!

この記事に関連するジャンル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ