【衝撃】派遣事務からエンジニアに!コロナ禍でも1か月で転職成功出来た理由は?

記事更新日: 2021/04/01

ライター: るてぃ

この記事に書いてあること
  • JobTierアシスタントのアラサーOLきだっちが、
  • 派遣事務からプログラミングの勉強を一切しないで、未経験エンジニア転職を目指し、
  • 転職エージェントを上手に活用しながら、
  • コロナ禍の中、たった1か月で本命の企業から内定をもらい転職活動を終了させた

という色々と驚愕すぎる事実から、転職活動を成功させるためのポイントをまとめました。

きだっちのプロフィール
アラサーOL きだっち
JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!
12社応募→5社書類通過→2社面接→1社 本命企業に内定。約1か月で転職終了させた強者。

Twitter:@kidachi_JobTier

きだっち

はじめまして。JobTierアシスタントのきだっちです。

実は・・・私、転職しました!!!!

きだっち

人事のるてぃさんや、転職エージェントのまつぱち先生に聞いてもこの転職はスゴイらしくて・・・

 

まつぱち

今まで聞いたことない!しかもプログラミングスクールにも通わず、独学でプログラミングも勉強しないで、転職したの!?

るてぃ

えええ、どうやってやったの!?

きだっち

ということだったので・・・恥ずかしながら私の転職ストーリーを公開したいと思います。

JobTierの前の記事を読んだ方はご存知かもしれませんが、未経験業界・職種への転職ってコロナ禍ではかなり難しいんです。

しかも転職活動は通常でも平均3か月はかかると聞いていたので、こんなに早く終わるとは私自身もびっくり。

きだっち

実際、私の経歴を見たら・・・勇気づけられる人も多いはず!!

<JobTierアシスタントきだっちの職歴>
  • 接客2年
  • インストラクター 1年
  • 個人事業主2年
  • 派遣事務1年半

きだっち

まあ正直、綺麗な経歴ではないですよね。

某有名企業出身とか言ってみたかった・・・。

でもね、特段スキルのない私でも、エンジニアへのキャリアチェンジに成功出来たんです!!

きだっち

今回、コロナ禍でもたった1か月で転職成功できたポイントは、自分ではこうだと分析してます!

ちなみにこの方法は、職歴に自信がない人ほど効果的だと思っています。


なので、

  • 転職エージェントに登録したものの、塩対応されて困っている
  • コロナ禍で転職活動が上手くいかず悩んでいる
  • 今の仕事は嫌で、違う仕事に転職をしたいけど何をしたら良いか分からない

という方には、特に役に立つ情報だと思います。

きだっち

逆に職歴に自信があるハイクラス人材がこれをやると「なぜ?転職サイトから?」と怪しまれたりするので気を付けましょう。

では、さっそくお話したいと思います!!

▼転職サイトと転職エージェントの違いがわからない方は、先にこの記事を読んだ方が理解が深まるのでご参考にしてくださいね。

リスク高くないの?コロナ禍で転職活動を行うことになったきっかけ

コロナ禍でこのままじゃヤバイと思った


緊急事態宣言下なのでzoomでインタビュー

きだっち

コロナ禍で転職活動を行うのは正直不安は大きかったです。

でも、現職もコロナの影響で仕事が減っているのは実感してて、このままじゃヤバイと思ったんですよね。

私は今、派遣社員なので、業績悪化すれば契約を切られてしまうのでは?という不安もありました。

そんな不安を抱えながらコロナも一向に収束しないので、27歳の年齢や今年結婚したことも踏まえ、改めてキャリアを考え直してみたんですが・・・

きだっち

あれ?私って、何も出来ることないんじゃない!?

と気づいてしまったんですよね。

正直、接客→インストラクター→個人事業主→派遣事務の職歴は、将来のことを考えて決めていたわけではなく、その時に自分がやりたいかどうかの基準で選んでしまっていました。

きだっち

JobTierでもまつぱち先生が「好きなこと・やりたいことだけで仕事を選ぶのは間違い」と話してたのを思い出して、かなり焦りましたね。

きだっち

何もスキルのないままじゃヤバイと思ったのと、将来はフリーランスになりたい気持ちはあったので、環境を変えようと転職を考えました。

市場価値が高い=エンジニアの考えは危険

 

きだっち

エンジニアを志望する人は増えていますが、「市場価値が高いから」「手に職をつけられるから」だけで安易にエンジニアを選ぶと危険だと思います。

私自身もかなり適性が合うかは考えました。

きだっち

実際、自分一人で結論を出すのは難しかったので、ポジウィルキャリアとのサービスは活用して自己分析しましたね。

ポジウィルキャリア:マンツーマンでキャリアプランを考えるのを手伝ってくれる転職サービス

ポジウィルの特徴は、無料相談でも深く親身に相談にのってくれる点。

自己分析の過程でポジウィルの担当者とお会いできたのは、すごくラッキーだったと思います。

きだっち

というのも、ポジウィルの担当者に言われた一言がかなり衝撃的だったんですよね。

ポジウィルの担当者から仕事観を聞かれた時に、「人の役に立ちたい」と私は答えたんですが、「それって建前じゃないの?」と返されて、返答に詰まってしまったんです。

きだっち

よくよく考えたら、自分で黙々作業する方が好きだなと思い・・・

エンジニアの適性としてよく言われる「継続して自主的に勉強する」も苦じゃないと思ったのと、

将来、子育てとも両立でき、フリーランスになれるのも考えたら「やっぱりエンジニアだな」ってすっと腹落ちしたんですよ。

きだっち

ちなみにポジウィルは無料相談だけです!キッパリ)
それだけでも十分、良いサービスでした!!!笑

ポジウィルは受講すると40万円近いお金を払わなければいけないので、注意してください。

しかし、無料相談だけでもかなりクオリティーの高いサービスが受けられるのでオススメです。

 

腹落ちしてから即行動!すぐ行動に移せた理由は?

きだっち

実際の私のスケジュールはこんな感じです。

  • 10月後半 旦那さんに話す
  • 11月上旬 自己分析スタート
  • 11月中旬 転職エージェントに相談(書類エントリー)
  • 11月後半 面接受ける
  • 11月末  内定

見ていただければ分かる通りですが1か月で転職開始して内定までもらえました!!

きだっち

実際、コロナ禍の転職は不安がありましたが、まつぱち先生の話を聞いても「今転職しない方が危険かな、早く動かなきゃ」と思ったんですよね。

今後、日本経済が良くなるかなんて誰にも分からないですし、むしろひどくなる可能性もある。

 

モヤモヤした気持ちで過ごすより、行動に移してしまった方が早いなと思いました。

この章の転職成功のポイント
  • きちんと自己分析を行った上で、自分自身が納得する「エンジニア」への転職を決めたこと
  • モヤモヤした期間を伸ばさず、転職すると決めて一気に動いたこと

 

派遣事務から未経験エンジニアへ!驚愕のノウハウは?

【結論】転職成功は転職サイトから応募したから

きだっち

結論からお伝えすると、私が1か月でエンジニアへの未経験転職を実現できたのは、「転職サイト(私の場合はリクナビ)」を利用して転職したからです。

転職エージェント(リクルートエージェント)からも応募はしましたが、エージェント経由で応募した求人の選考結果には期待していませんでした。

きだっち

理由は、27歳の完全未経験者には、採用コストをかけたくないだろうという判断です。

結局、転職エージェント経由で入社が決まると、企業は転職エージェントに、1人あたり100万円程度の紹介手数料を払わないといけません。

一方で転職サイトであれは何人決まっても前払いの採用広告費(40万円〜100万円程度)払うだけで済みます。

転職エージェントとは?
人事が仕組みを解説!
転職エージェントは転職を考えている求職者と採用活動をしている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。

企業は転職エージェント経由で採用が決まると、1人あたり年収の約30%〜35%を紹介料としてエージェントに支払います。
求職者は無料で利用できるサービスが多い。

きだっち

実際、コロナ禍で、業績も不安定な今、すぐに売上や成果を出せない未経験人材を100万円かけて採用する企業はありません!

あるとしても、よっぽど業績好調で伸びている業界だけだと思います。

きだっち

ちなみに、リクルートエージェントの他にもdodaも使いましたが、dodaには紹介できる求人がないと断られてしまいました(涙)

でもいまだに、希望していない求人は送られてきます・・・。

転職サイトはブラック企業の求人ばかりじゃないの?回避するコツは?

きだっち

私は求人件数4万件と他社に比べて多い「リクナビNEXT」を利用していましたが・・・

「Webエンジニア×関東×未経験歓迎」で絞ると、もう100件程度に絞られてしまうんですよね・・・。

きだっち

ここからさらに、ブラックっぽい求人を省くと10件程度しか残りませんでした。

きだっちがチェックしたポイント

  • 本社または支社の場所
  • OpenWorkや転職会議を利用して企業の口コミ評判
  • TwitterなどのSNSでの評判

きだっち

オフィスの場所は、Googlemapを使って正確に調べるのがポイントです。

タワマンの一室をオフィスとして登録している怪しい会社もありました。

また、転職サイトに載せている写真が、社内の写真ではなくフリー写真っぽい企業も怪しいなと思いましたね。

きだっち

これらを怪しい会社を省くと残ったのはわずか。

求人票から見極めるブラック企業の特徴はこの記事にもまとめているので参考にしてください。

 

転職エージェントに使われるな!上手に使おう!!!!

きだっち

今回、転職エージェントは、アドバイスをもらうためだけに使わせていただきました・・・!

本命の企業は転職サイト経由で応募しましたね。

きだっちの転職成果

  • リクナビNEXT経由:6社応募→3社書類通過→1社内定 
  • リクルートエージェント経由:6社応募→2社書類通過→他社で内定が出たため面接は途中辞退

リクルートエージェントは毎週100社程度、エンジニアも事務も営業もごっちゃ混ぜの求人を送りつけてくるのですが、私は一応1件ずつ確認をして、本命の企業に似た事業規模や業界の求人に応募していました。

きだっち

なんでかって、職務経歴書のアドバイスや面接のアドバイスは欲しかったからです!!

正直、エンジニア転職で何をアピールすれば良いのか分からなかったため、転職エージェントに素直に相談していました。

 

結果的に、私の場合は個人事業主の経歴をアピールした方が良いと教えていただき、

  • 主体的に行動出来る点
  • 個人事業主で店舗を経営していたのでその時の実績

をアピールしましたね。

きだっち

エンジニアも自分から主体的に勉強できるかは問われるので、上手く過去の経験からPR出来たんだと思います!

実際、るてぃさんからも、

るてぃ

企業が面接で見ているポイントは大きく「活躍できそうか」「定着してくれそうか」の2点だけ!!

と聞いていたので、の場合は、年齢が若い分ポテンシャルを見てもらえ「入社しても主体的に行動してくれるだろう」と判断してもらえたんだと思います。

きだっち

ちなみに、この方法で転職する際は、二重応募しない様に注意してくださいね。

転職エージェントで先に応募した求人に、転職サイトから再度応募することは出来ません。

なので「捨て」求人と、「本命」求人はしっかり区別しておきましょう。

特にリクルートエージェントは、売り込み営業職が強いので、やたらと応募するように言われるかもしれません。

きだっち

実際、リクルートエージェントからはコロナ禍で書類選考通過率は4%だから、「なるべく多く応募した方が良い」とアドバイスもらいました。

ちなみにこの転職方法ですが、転職エージェントにとっては何のメリットもない(むしろデメリットばかりの)方法です。

バレるとかなり嫌がられるので、注意してくださいね・・・。

また、転職エージェントを使わないことのデメリットとして、

  • 本命企業の面接情報を入手できないので対策が甘くなる
  • 面談後の転職エージェントからのゴリ押し推薦がもらえない
  • 年収の条件交渉時に不利

というデメリットもあります。

きだっち

なので、ハイスキル層は転職エージェントメインで活用した方が、希望の条件を満たしやすいですよ。

あくまで、私のような活かせるスキルがない中で転職をする人向けですね。

志望動機さえ事前準備が足りない人が多数!?

 

きだっち

あと、転職活動を行なっていてびっくりしたのは、みんな意外と基礎さえ守らないんだなということ。

例えば、志望動機には会社のビジョンを絡めて話すことが、暗黙のルールとなってますよね?

しかし、グループ面接の時に他の方の志望理由を聞ける機会があったんですが、誰もビジョンに絡めて話をしていなくて驚愕でした。

きだっち

基本に忠実に、笑顔忘れずに臨めば、それだけでポイントUPしますよ!!

どうしてその企業に内定を決めたの?

きだっち

私はド本命の「SES企業」から内定をもらいました。

私がこの会社に入社を決めた理由は下記の3つですね。

SESとは:クライアントに対して労働力を提供する契約形態。派遣先によっては勤務時間が長かったり労働環境が劣悪になる場合がある。
エンジニア未経験でも転職しやすい。

入社を決めたポイント

  • 研修制度が手厚い
  • Web系
  • 興味のある事業が多い

きだっち

ブラック企業が多いと言われるSES企業ですが、私は研修をしっかりやってくれるだけ有難いなと思っています。

私の場合は、プログラミングスクールや独学でもプログラミングを勉強していない中での転職だったので、正直、企業を選り好み出来ないなと思ってました。

きだっち

また未経験転職の場合、年収が低くなる傾向が高いので「短期的に年収が下がるのは仕方がない」のも前提で考えてました。

SES企業はブラック企業と言われることも多いのですが、私はそうは思いません。

未経験でスキルがなくても雇ってくれるので、理想のキャリアを描く上で割り切って考えていましたね!

この章の転職成功のポイント
  • 職歴が悪い人ほど、本命企業の応募は転職サイトからがオススメ
  • 転職エージェントはアドバイザーとして上手に活用する
  • ブラック企業を見極める求人をマスターする

まとめ

きだっち

今回は私の「未経験エンジニア転職を成功させるまでのストーリー」を話させていただきました!

実際、私も転職活動前はそうだったんですが・・・

  • 大した経歴がないから未経験の転職なんて出来ないと思っている
  • 自分は〇〇歳だから出来ないと思っている

と、自分で自分の枠を狭めてしまっている人の何と多いことか!!

きだっち

今、声を大にして言いたいのは「一度きりの人生、チャレンジしてみないと分からないことは多い」ということ!

私が27歳スキルなし、派遣事務からエンジニアに未経験転職できた様に、勇気を持って一歩踏み出せばキャリアチェンジは簡単に出来たりします。

この記事が、転職活動に悩んでいるすべての人に届くことを願っております。

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

ページトップへ