侍エンジニアにサブスクが登場!月額2980円で学べるって本当?

記事更新日: 2021/03/31

ライター: きだっち

2021年3月時点での記事ですので、詳しくは侍エンジニア公式をご覧ください。

※現在は社名がSAMURA ENGINEERに変更。

 

 

きだっち

侍エンジニアならサブスクで、月額2980円だけでプログラミングスクールを受講できちゃうって本当なんでしょうか?

本日のアシスタント
アラサーOL きだっち
JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!
派遣社員(事務職)から未経験エンジニアへのキャリアチェンジを実現させました!

侍エンジニアからサブスク型の新サービスが2021年3月に発表されました。

プログラミングスクールに通うとなると数十万支払う事が必須ですが、この新サービス「SAMURAI ENGINEER Plus+」では月額2980円から受講可能との事。

きだっち

安すぎてこれってどんなサービスなのか詳細が気になります・・・

プログラミングスクールに通うとなると、相場は平均30万円程。

値段はピンキリですが、通常の某大手プログラミングスクールでは数ヶ月で受講料が60万円を超えるなど、受講料は決して安くはない金額です。

きだっち

通常なら分割で払ったとしても月額1万円以上はするのに月額2980円ってどんなことが学べるんだ…?

侍エンジニアのサブスク「SAMURAI ENGINEER Plus+」ですが、月1回のオンラインレッスンとネット上のオリジナル教材をセットで月額2980円(税込3278円)となっているようです。

きだっち

え!独学に毛が生えたような内容じゃなくて、オンラインでもサポートしてもらえるのはすごい!

この記事では「プログラミングを学習したいけど金額面で渋っている」「安い単価で学べるなら学んでみたい」という方にお勧めの記事です。

きだっち

さっそくサブスクの詳細を追っていきましょう!

SAMURAI ENGINEER Plus+の詳細
  • 月額2,980円で28種類の教材から学習できる
  • 専用ツールから24時間質問し放題(10時~22時対応)
  • 月に1回45分のマンツーマンレッスンが受けられる!

侍エンジニアのサブスク|特徴と背景

プログラミング学習は続かないという背景

きだっち

まず前提として、エンジニアは市場価値の高い職業だと言えます。

エンジニアとひとくくりに言ってもSES事業から自社開発まで担当できる案件も様々。

スキルや経験を積めば努力次第で年収アップを見込みやすい職種です。

きだっち

更にプログラミングができる人材のニーズは、IT需要の高まりによって日に日に増加傾向にあります。

出典:平成31年 経済産業省 IT人材需給に関する調査

 

経産省によると、2030年にはIT人材が約45万人も不足すると予測されていいます。

手に職をつけて転職するための手段として、エンジニアは今狙い目の職業と言えるでしょう。

きだっち

ですがプログラミングを独学で学び始めても、「エラーが出て前に進めない」「モチベーションが続かない」などの理由から継続できない人も多いです…

 

ライトに始めるにはハードルが高い

モチベーションの問題で、独学ではなくプログラミングスクールも手段の1つです。

きだっち

ですが簡単に始めようと思ってもプログラミングスクールの単価は平均30万円以上…

ライトに始めるにはなかなかハードルが高いんですよね。

特に、プログラミングスクールの解約が一番多いのは入会して1か月目です。

「学習時間がとれなかった」「お金に余裕がなくなった」などの理由で解約する方が非常に多いのが実情。

きだっち

そう考えると、侍エンジニアのサブスクを活用して専用ツールで質問しながら学習を進められるというのは「自分の適性」もわかってよいですよね!

 

侍エンジニアのサブスク|どんなサービスなの?

お金がない人でも気軽に参加できる

今までの数十万かかるスクールの形態では、プログラミングをライトに始めるにはハードルが高いという問題点がありました。

きだっち

しかし今回3月上旬に登場した新サービスは月額2,980円から受講できるというわけですね!

月額2,980円という低単価ですが、28種類の教材でプログラミングスキル習得に必要な基礎から実践までのすべてを学習することができます。

教材に紐づく課題もあるようで、課題を繰り返しながら進めていくことでエンジニアに必要な「自走力」を鍛えることができます。

きだっち

スクールに通うと、講師に週1でサポートしてもらえる安心感があるよね。

ただサブスクなら月1のレッスンと専用ツールで質問し放題という環境は「受け身」ではないのでエンジニアに必要なスキルも磨かれそうです。

月額定額のサブスク型で利用でき、入会金も不要、そしていつでも退会可能です。

継続しやすい金額なので、プログラミング学習のハードルが下がりますね!

 

月1でオンラインレッスンの受講ができる

3月上旬に始まった侍エンジニアの新サービス「SAMURAI ENGINEER Plus+」ですが、カリキュラムが見られるだけでなく月に1度現役エンジニアからオンラインレッスンを受ける事が可能です。

通常コースとの比較

通常コース:週1で60~90分の現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスン

サブスク(新サービス):月1で30~45分の現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

28種類のカリキュラムから学ぶことができますが、質問はどんな教材からでも質問が可能です。

きだっち

ただし、月に1度で1時間もない限られた時間のため課題を事前に洗い出す必要はありそうですね。

また、月に1度以上オンラインで質問することも可能。

月内の2回目以降の受講はサブスク料金2,980円とは別途の料金がかかります。

きだっち

2回目以降は1回7,500円(税別)でレッスンを受けられるようです。

 

専用ツールから24時間質問し放題の環境

また、オンラインレッスンだけではなく専用のツールの掲示板で躓いたときにいつでも相談することが可能です。

24時間相談することができ、その対応時間帯は10時~22時です。

きだっち

平均スピード30分以内で回答しているそうですから、すぐに解決することふができますね。

さらに、質問内容はプログラミング学習のことだけでなくキャリアや転職に関する悩みでもOK。

現役のエンジニアが対応してくれるので、現場のリアルな声を聞くことができます。

 

サブスクから更に学びたくなったら通常コースへ

通常のコースでも分割で3,333円~受講可能!

きだっち

今回のサブスク開始のおかげで、プログラミングを始めてみたい方はハードル低く参加できるようになりそうですね!

ただし、値段の面でいうとアプリ開発までを経験できるデビューコースは月額3,333円~から受講可能です。

きだっち

まずはサブスクを活用しながらプログラミングを体験してみて「もっと学びたい」と思ったら通常コースを受講するというようなイメージですね!

≫侍エンジニアのサブスク「SAMURAI ENGINEER Plus+」の詳細はこちら

 

すべてのコースを把握しよう

あなたの目的が、コースを受講することで叶えられるのか確認してみましょう。

デビューコース

コース名
デビューコース
期間
4週間
受講料
80,000円(税抜)
分割料金
3,333円~/月(税抜)
入会金
48,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

安価にプログラミングを学んでみたい方へおすすめ。

SAMURAIオリジナルの教材を元に学習を進め、アプリ開発を習得できます。 週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から 卒業まで徹底指導。

参考:サムライエンジニア公式

エキスパートコース

コース名
エキスパートコース
期間
12週間
受講料
400,000円(税抜)
分割料金
16,667円~/月(税抜)
入会金
98,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発までを習得。

週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から卒業まで徹底指導。講師にいつでもチャットで相談ができ、 学習のつまづきから案件獲得の悩みまで自由に相談可能です。

参考:サムライエンジニア公式

転職コース

コース名
転職コース
期間
4週間
受講料
70,000円(税抜)
分割料金
2,917円~/月(税抜)
入会金
48,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

未経験から最短でエンジニア転職を実現する転職特化型コースです。

初期費用が無料から始められ、転職に成功すれば受講料は無料となります。

参考:サムライエンジニア公式

webデザインコース

コース名
Webデザインコース
期間
4週間
受講料
80,000円(税抜)
分割料金
3,333円~/月(税抜)
入会金
48,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

最短1ヶ月からオリジナルWebサイトのWebデザイン基礎から制作までを学ぶことができます。

プロのデザイナーが専属マンツーマン指導するので未経験からでもスキルを身に付けていくことができます。

参考:サムライエンジニア公式

フリーランスコース

コース名
フリーランスコース
期間
12週間
受講料
550,000円(税抜)
分割料金
22,917円~/月(税抜)
入会金
98,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

案件獲得に特化した作品制作・ノウハウを習得することができます。

プログラミングの基礎から多様な制作ツールの使い方を学ぶことができます。 卒業時には12週間プランで3〜5万/月、24週間プランでは10〜20万/月の案件を獲得できるレベルを目指していきます。

参考:サムライエンジニア公式

AIコース

コース名
AIコース
期間
12週間
受講料
550,000円(税抜)
分割料金
22,917円~/月(税抜)
入会金
98,000円(税抜)
まずは公式HPを見る 〉

最先端の人工知能を短期間で習得。Pythonの基礎学習に加え、 チャットボットやスマートスピーカーなどを土台にAIを実装していきます。実データの機械学習処理、画像解析、ブロックチェーン習得など幅広いニーズに対応可能です。

参考:サムライエンジニア公式

まずは侍エンジニアのサブスクを体験したい方

レッスン開始は4月中旬予定

現在、3月上旬にサブスクのサービスがスタートしていますが月1のオンラインレッスンは4月中旬から開始との事。

きだっち

支払いはクレジットカードのみ対応しており、コンビニ支払いや銀行振り込みは現在行っていないそうです!

また、侍エンジニアといえば現役エンジニアによる専属マンツーマンレッスンが特徴ですが、サブスクの場合はマンツーマンレッスンではあるものの「専属」ではないそうです。

きだっち

通常のコースと違って、その時に対応できる人が対応してくれるというようなイメージですね!

SAMURAI ENGINEER Plus+の詳細
  • 月額2,980円で28種類の教材から学習できる
  • 専用ツールから24時間質問し放題(10時~22時対応)
  • 月に1回45分のマンツーマンレッスンが受けられる!

きだっち

金額だけでなく受講時間等、働きながら気軽に学習できる素晴らしいサービスですね!

詳細が気になる方はこちらから確認してみましょう!

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

ページトップへ