採用のプロが解説|キャリアカーバーの口コミ評判・注意点の真相は?

記事更新日: 2021/05/02

ライター: るてぃ

この記事の結論
  • キャリアカーバーは会員制と謳いながら誰もが登録出来るが、実際オススメ出来る人は限られているので注意

  • キャリアカーバーを利用する上でカギになるのは「自分と相性の良い転職エージェントに出会えるかどうか」

  • 理想の転職に近づくための転職サービスは人によって変わるので、自分に合ったサービスを選ぶ必要あり
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上

本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

 

るてぃ

リクルートが運営する転職サイト「キャリアカーバー

リクルートが展開する転職サービスは色々とありますが、キャリアカーバーはハイクラス求人に特化したエグゼグティブ向けの転職サイトです。


参照:キャリアカーバー公式HP

 

るてぃ

キャリアカーバーは誰でも登録出来る転職サイトですが・・・

掲載している求人は600万以上の求人のみなので、何も知らずに登録するとかなりの「場違い感」を味わったりします。

 

るてぃ

年収400万円台の私も登録してみましたが、場違い感がすごかった(笑)

そこで今回の記事では、

  • 実際に登録してみて分かったキャリアカーバーの注意点
  • ビズリーチとキャリアカーバーの違い
  • キャリアカーバーの良い・悪い口コミ

を、年間120社以上、人材系の会社とやり取りをしている元人事の私が徹底解説していきたいと思います。

 

るてぃ

この記事が少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

このページの目次

キャリアカーバーとは

運営会社
株式会社リクルートキャリア 
オススメ年代
30代以上
対応地域
全国
求人の量
求人の質
まずは公式HPを見る  〉

リクルートが運営するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向けの転職サイト「キャリアカーバー」
キャリアカーバーには2,000人以上のヘッドハンターが登録しており、あなたのキャリアシートを見てマッチする求人を紹介してくれるので、ヘッドハンターとのマッチングサイトとも言えます。

一方で、年収が低い人は会員登録はできるものの、スカウトが少なかったり、合う求人がなかったりするので注意が必要です。

るてぃ

キャリアカーバーはアプリがないので、webサイトでの利用になります。

30秒でキャリアカーバーについて解説

るてぃ

まずはキャリアカーバーについてイラストで解説します!

キャリアカーバーの特徴を深堀りしてみた

 

るてぃ

もう少し深堀して、キャリアカーバーの特徴を見ていきましょう。

キャリアカーバーの特徴

  • キャリアカーバーは「スカウト型転職サイト」
  • 自分でヘッドハンターを指名することも出来る
  • ハイキャリア求人を自分で検索して応募出来る
  • 年収1000万以上の求人が全体の8割
  • 社名非公開の求人が多い

 

るてぃ

1つずつ見てみましょう!

※キャリアカーバーでは「ヘッドハンター」と呼んでいますが、転職エージェントと意味合いは変わりません。

キャリアカーバーは「スカウト型転職サイト」

 

るてぃ

キャリアカーバーは「スカウト型転職サイト」なので・・・

  • キャリアシートを入力しておけば
  • 待っているだけで
  • 2,000人以上のヘッドハンターからスカウトをもらえる可能性があります。

 

るてぃ

登録も5分程度で終わって簡単なのが嬉しい!

ちなみに、「転職エージェント」「転職サイト」「スカウト型転職サイト」にはこのような違いがあります。


特にキャリアカーバーの特徴はヘッドハンターからのみスカウトがもらえるということ。

ビズリーチのように企業から直接スカウトをもらえることはありません。

 

るてぃ

ヘッドハンターとのマッチングサイトみたいなイメージですね。

自分でヘッドハンターを指名することが出来る

 

るてぃ

通常の転職サイトでは、担当を選ぶことは出来ません。

しかし、キャリアカーバーでは2000人以上のヘッドハンターから自分と合う担当を自分で選ぶことが出来ます。

 

るてぃ

「担当職種」や「業界経験年数」で検索をかけられるのも便利です。


参照:キャリアカーバー マイページ

 

るてぃ

自分で選べるので「新人にあたってしまった」「明らかにタイプが違う」

だから自分と相性が合わずに利用を辞めたという転職エージェントあるあるがないのは良いですね!

キャリアカーバーに登録しているヘッドハンターはビズリーチよりも自己PRや強みをしっかり書いている人が多いです。

これまでの転職サポート実績を書いている人もいるので、自分が選ぶ上での目安にすることが出来ます。

 

るてぃ

しかも「無料で」指名出来るのが嬉しいですね!!

ハイキャリア求人を自分で探して応募出来る

 

るてぃ

ただし、キャリアカーバーは、直接企業に応募は出来ないので注意してください。

あくまで、ヘッドハンターを通して応募出来るという仕組みです。

求人票を見ると下の方に「この求人情報の担当ヘッドハンター」という表示があるので、ここでヘッドハンターの情報は確認できます。


参照:キャリアカーバー マイページ

企業に直接応募できず、転職エージェントを介して応募するので、当然、転職エージェントの面談の時点で「あなたには無理です」とお断りされてしまうケースもあることは理解しておいてください。

年収1000万以上の求人が全体の8割以上

 

るてぃ

キャリアカーバーには現在5万3千件以上の求人が掲載されていますが・・・

その内、年収1000万以上の求人が4万7千件以上と、実に全体の8割近くの求人が年収1000万以上という結果に。

 

るてぃ

これぞエグゼクティブ向け転職サイト・・・!


参照:キャリアカーバー マイページ

中には年収1000~2500万円や年収1000〜3000万円の求人などもあり、「こんな求人あるんだ・・・」と感心してしまうほど。

 

るてぃ

年収UPを目指す方にはぴったりのサイトですね・・・!


参照:キャリアカーバー マイページ

ちなみに一番下の年収で検索をかけようとしても「600万円〜」になってしまいます。

 

るてぃ

なので、キャリアカーバーに掲載されている求人は「600万以上の求人」しかありません。

この時点で自分には合わないと思った方は別の転職サイトを検討しましょう。

社名非公開の求人が多い

 

るてぃ

キャリアカーバーの転職の求人は、社名非公開の求人が多いです。

なので、実際に転職エージェントと会って話してみないとどこの会社の求人なのか分からないのがデメリット。

 

るてぃ

例えば、この会社は営業企画・事業企画とだけ記載されています。

かなり差別化された求人であれば、キーワードの一部を調べると検索でヒットしたりするのですが、大抵の場合はどの企業なのか当てることは出来ません。


参照:キャリアカーバー
マイページ

いきなり相談するのは勇気がいるという方は右上に「気になる」ボタンがあるので、そちらをクリックしてみましょう。

 

るてぃ

「気になる」ボタンを押すことで、ヘッドハンターの方から声をかけてもらえるケースもありますよ!!

ビズリーチとキャリアカーバーを比較してみた

 

るてぃ

ビズリーチと比較されることが多いキャリアカーバー

結論、30歳以上の高年収層(目安500万以上)の方はどちらも登録しておいた方が良いサイトですが・・・

  • メールの量はなるべく少なくしたい
  • 質の良いヘッドハンターに出会いたい
  • より効率よく転職活動が出来る1サイトに絞りたい

という方は「ビズリーチ」を優先的に登録することをオススメします。

 

るてぃ

なぜなら、ビズリーチの方がアプリがあるので使い勝手が良く、企業からの直接スカウトももらえるからです。

キャリアカーバーとビズリーチを比較してみました。

 

るてぃ

ビズリーチの方が求人掲載件数も登録エージェントの数も2倍以上!!

ただ、年収1000万以上の求人数で言えば、キャリアカーバーは全体の約8割、つまり4万件以上の掲載求人が年収1000万以上なので、ビズリーチよりも多いです。

 

るてぃ

また、キャリアカーバーは無料でヘッドハンターを指名できるという強みがありますが・・・

有料課金で有名な転職サイト「ビズリーチ」もプレミアムチケットを上手に使うと課金なしでヘッドハンターを指名することが出来ます。

なので、総合的に見るとキャリアカーバーよりもビズリーチの方がオススメです。

 

るてぃ

キャリアカーバーとビズリーチの比較、ビズリーチの評判についてはこちらの記事にもまとめていますので参考にしてみてください。

内定がもらえる確率が高いのはビズリーチ!?
元人事が裏事情を暴露

企業の採用選考時に、ビズリーチから応募があった候補者と転職エージェントから応募があった候補者が同じくらいのレベル感だった場合、どちらが内定が出やすいかというと「ビズリーチ」から応募があった候補者です。
※ビズリーチを通して企業と直接やり取りをしている候補者限定です。

なぜかと言うと、ビズリーチの場合はシステム利用料が前払いだからです。(+手数料として初年度年収の15%を支払う)
一方で転職エージェントの場合は入社が決まった場合に、初年度年収の約30~35%を手数料として企業はエージェントに支払います。
>転職サイトと転職エージェントの違いはコチラ

 

るてぃ

前払いなので、ビズリーチで結果が伴わなかったら、人事は責任を問われます。。

なので、ビズリーチの候補者の方を必死に推薦するのです。

 

るてぃ

このような理由からも、登録を迷っているのであれば、ビズリーチがオススメです。

注意|キャリアカーバーに登録してみた結果

 

るてぃ

20社以上の転職サービスを登録したことのある私としては気になったので、「キャリアカーバー」にも登録してみました。

画像参照:キャリアカーバー マイページ

結果としては、登録も出来たし、スカウトも大量にもらえたのですが、

 

るてぃ

私には、場違い感が半端なかった・・・

ちなみに、キャリアカーバーは年収500万以上でさらにキャリアUP、年収UPを目指したい方にはピッタリのサイトだと思います。

私のレベルが足りなかっただけですね。。

 

るてぃ

登録してみて分かった注意点もあったのでレビューと合わせてお伝えします。

注意点1:年収記入欄が600万円〜しかない

登録する際の最初の衝撃がこれ。

直近の年収を選ぶ項目が「600万円未満」と600万円を1つの区切りとしていることです。

画像参照:キャリアカーバー マイページ

 

るてぃ

600万未満で一括りにされてしまった・・・。

やはり、キャリアカーバーは年収600万を基準に候補者に熱心にアプローチするか決めているようです。

実際に、掲載されている求人も年収600万以上のハイレベルな求人が多いので、正直私には応募出来る求人が見つかりませんでした。

注意点2: 自動配信スカウトが多い

高年収層をターゲットにしているキャリアカーバーですが、年収400万円台の私でもスカウトの量は多かったです。

1日平均10通以上は送られてきましたね。

 

るてぃ

しかもキャリアシート全然埋めてないのに(笑)

ただ、注意しないといけないのは、その中でも自動配信スカウトと思われるスカウトが多いこと。

例えば・・・

この16:47にきた2通のスカウトは同じヘッドハンターからのメール。

 

2通目が同時間で「先ほどのご提案についていかがでしょうか」と聞くメールでした。

 

るてぃ

いや、そんなすぐに「先ほどのご提案どうでしたか?」と聞かれても・・・

自動送信の設定しているとしか思えないですよね。

他にも関係ないスカウトの自動送信をやめてくれという口コミもありましたよ。

キャリアカーバー、バカスカ自動送信でスカウト打って来すぎ。せめて関係ない職種のスカウト止める機能くらいあってほしいわ。

 ームラタ@かっこいい身体づくり (@awbnv)2019年5月18日

注意点3:同じ会社からのスカウトも多い

 

るてぃ

キャリアカーバーはヘッドハンター単位でスカウトが来るので、同じ会社から何通もスカウトをもらうこともあります。

2日間で違う担当3名から送られてきた会社もありました。

下記は同じ会社の別の担当からのスカウトメールです。連投で来る場合もあります。

参照:キャリアカーバー マイページ

 

るてぃ

確かに担当との相性が重要とは言うけど、そんなに同じ会社から何通ももらってもね。。

注意点4:質の悪いヘッドハンターも多い

 

るてぃ

キャリアカーバーで驚いたのは意外と質の悪いヘッドハンターが多いということ。

例えば、スカウトメールを送ってくる時間に関して。

夜中の0時や1時に送ってくるのは非常識なんじゃないのでしょうか・・・?

 

るてぃ

予約配信している可能性が高いけど、実際この時間に仕事して送っていたら・・・と考えると恐ろしい。

そんな人に仕事の相談をしたくないですよね。ちょっと感覚がズレた求人を紹介されないか心配です。

注意点5:スカウトが釣り求人じゃないか怪しい

 

るてぃ

実際に頂いたスカウトにはオススメの求人が添付されていたメールもありましたが・・・

「年収800万〜1200万」とか「年収700〜2000万」とか明らかに送る相手間違えていない?と思ってしまう求人でした。

 

るてぃ

これはいわゆる釣り求人じゃないのでしょうか?

※釣り求人とは?:
ヘッドハンターや転職エージェントが面談に誘いたいがために、あえて選考通過が難しいほどの好条件の求人を提示すること。

こういった求人に釣られて、ヘッドハンターと面談しても「メールに添付した求人に関しては応募締め切っちゃったんですよ〜、代わりにこの求人はどうですか?」と勧められるのが目にみえています。

 

るてぃ

自分の身の丈に合う求人を紹介してくれるヘッドハンターを選びましょう!!

注意点6:リクルートエージェントのサービスをオススメされる

キャリアカーバーの登録自体は5分もあれば済みます。

ただサクサク進めていると気づかず、リクルートエージェントのサービスにも誘導され登録することになるので注意が必要です。

画像参照:キャリアカーバー マイページ

 

るてぃ

しかし、最初の年収項目の時点でびっくりした方は、むしろリクルートエージェントのサービスの方が合うので登録することをオススメしますよ。

キャリアカーバーの悪い口コミ

 

るてぃ

キャリアカーバーは残念ながら私には合わない転職サイトでしたが、他の人はどうなのか口コミを探してみました!

まずは悪い口コミを4つピックアップします。

キャリアカーバーの悪い口コミ

  • 自分に合う求人が見つからない
  • 釣り求人が多い
  • 質の悪いスカウトが多い
  • メールの量が多すぎる

自分に合う求人が見つからない

キャリアカーバー、確かにハイクラスな条件でスカウトめっちゃ来るけど仕事内容が確実に重くてヤバくて何一つ応募する気になれんww

ートミー (@TOMMMY1015)2020年3月10日

 

るてぃ

私と同じようにレベルが合わなくて応募したい求人がないという声も。

理想の転職を実現するにはやはり身の丈にあった転職支援サービスを使うのが一番ですね!

 

釣り求人じゃないかと疑ってしまう

ビズリーチ、キャリアカーバーは逆にハイクラスすぎて「釣りかな?」と思ってしまいますw (エージェントも多い)。

リクエーくらいが中間層には良いのかも。

ーえとみほ(江藤美帆) (@etomiho)2018年4月25日

 

るてぃ

実際、自分の年収より100万以上高い年収の求人を提示されたら釣り求人である可能性は高いです。

企業としてはなるべくコストは抑えたいので、候補者が納得するギリギリの金額でオファーしたいという想いがあります。

なので、年収100万UPの事例は珍しい事例と認識しておいた方が良いです。

 

質の悪いスカウトが多い

#キャリアカーバー に久々にログインしましたが、質の低いスカウトメールが多すぎて萎えてしまいました。1 to 1で求職者にスカウトを送って欲しい。うちにはこんなに案件ありまっせ〜という実績社名を羅列されてもユーザーは動かないです。

昔はもっと、プライベート性があった気がしたけどなぁ。

ーやまちの|5時起き習慣ブログ (@yamachino3)2020年1月5日

リクルートキャリアの転職支援サービス、キャリアカーバーを退会。MBAをに行っているのが理由ではない。

スカウトメールを出してくるヘッドハンターの日本語のレベルが低すぎてストレスが溜まるから。会いたいと思わせるだけの文章力がない。そのような人材しか集められないサービスを使う価値はない。

ー100年人生の羅針盤 (@Portforioworker)2019年4月7日

 

るてぃ

昨今のメールはとにかく量送るが主流になってしまうので、中身がないメールが多いんですよね。。

その中でもオリジナルの文章で送ってくれるヘッドハンターは熱心にサポートしてくれる可能性が高いのでオススメですよ。

 

メールの量が多すぎる

キャリアカーバーという転職支援サービスに登録してみたけど、登録から3日で100件くらいメールが来て、半分は同一会社の担当者からだし、ほとんどのメールは具体的な案件に紐付かないテンプレ的内容で、しかも2日放置するとそれぞれのメールに対してリマインドくるしで、正直しんどい。

ー社畜ブラック (@sharchic2015)2020年1月7日

ビズリーチもキャリアカーバーも登録すると飛蝗の如く転職エージェントから連絡来ます

んで、明らかにコピペ文面でしつこくしつこく連絡してくるエージェントを除外して、お話し聞きに行くのがエージェント使うコツかもw

ーYasunori KAKU (@yasunorikaku)2020年2月21

 

るてぃ

やはりメールの量を指摘する口コミが多かったです。

「スカウトメール」の通知は停止することもできるので、多いと感じたら設定を変更しましょう。

キャリアカーバーの良い口コミ

 

るてぃ

キャリアカーバーは悪い口コミだけではなく、良い口コミも充実していたので紹介します。

良い口コミを5つピックアップしました。

キャリアカーバーの良い口コミ

  • GAFAの1社からスカウトをもらえた
  • 非常に良い案件を紹介してもらえた
  • ハイクラス転職に慣れているエージェントが多い
  • 相性の良いヘッドハンターと出会えた
  • 40代の転職でも役に立つ

GAFAの1社からスカウトをもらえた

「誰が優秀か」に禿同。特に外人の良リクルーターは自分の成果を上げるために候補者にも手厚く対応してくれます。LinkedInやdaijob、ビズリーチ、キャリアカーバー等からはGAFAの一社から直接スカウトもありました。

個人的には2回年収アップを決めてくれたMichael Pageがいいとこかな。
#転職サイトヲタ

ーIÉNA(イエナ)@外資×転職×英語×副業(@iena_gaishi)2020年1月12日

非常に良い案件を紹介してもらえた

最近ハイクラス向けの転職エージェント、キャリアカーバーに登録してみた。

ステマなしでキャリアカーバー先輩は次々と非常にいい案件を紹介してくれました。

エージェントもとても優秀。

一度試してみるといいかもです。

ーユウ社長米国株投資家 (@Yu_LifeCollege)2020年2月9日

 

るてぃ

やはり、他の転職サイトの比べて求人の質が違うのが特徴。

その分、限られた人にしか合わない求人が多いのですが、キャリアカーバーはハイクラス求人で探している方にはオススメのサイトですね。

ハイクラス転職に慣れているヘッドハンターが多い

ハイクラスで転職を成功させるなら、ビズリーチとキャリアカーバーに登録するのがいいと思う。

エージェントが、ハイクラス転職に慣れている人が多く、サポートも充実してる。案件が多く、条件にあった職が探しやすい。有名なDODAは若者向けで、希望にあってない職でも取り敢えず見たい人にはオススメ。

ーせい│キャリジョ博士 (@sugimori_seiko)2020年4月21日

相性の良いヘッドハンターと出会えた

・キャリアカーバー
ビズリーチと同様。ほぼ同じところからスカウトくる。でもここにしかいないエージェントやヘッドハンターがいるので、漏れなく求人を拾う意味では登録しておくべき。

私はここで声掛けてもらったヘッドハンターさんに1番お世話になった。

ーあおい(@aoitasu)2018年10月26日

 

るてぃ

どの会社よりも「誰が」担当してくれるかの方が重要です。

なので、本格的に転職を考えている方は、まずは3,4人のヘッドハンターと会い、話を聞いてみることをオススメします。

もちろん時間が惜しかったら、一度電話で話してみるだけでも合う合わないの相性は結構わかります。

 

るてぃ

直感的に合わないと思った担当はどんどん連絡の頻度を少なくして、もっと相性の良いヘッドハンターを探すのがスムーズに転職活動を進めるコツです。

40代の転職でも役に立つ

40代の転職で絶対登録しておくべき転職エージェント

1.リクルートエージェント
キャリアカーバーはリクルートエージェントの上位サービスなので一緒に登録しておくと良く、転職エージェントとしては40代でもしっかり相談に乗ってくれる。

ー谷内ショーゴ (@kiritani_kun)2020年3月13日

 

るてぃ

一般的に35歳からの転職は厳しいとも言われていますが・・・

正直、スキルが伴っていれば年齢関係なく引っ張りだこなのが現状です。

特にキャリアカーバーはハイクラス向けの転職サイトなので、年齢はあまり関係なくスキルで勝負できるのが強みです。

理想の転職を実現するには・・・

 

るてぃ

このように、キャリアカーバーはマッチする人には良いサイトですが、合わない人には登録するだけ無駄になるサイトでした。

今回、実際に登録してみた結果や、良い悪い口コミを踏まえて、改めてキャリアカーバーをオススメ出来る人をまとめてみると・・・

オススメ出来る人
  • 年収500万以上でさらにキャリアUP、年収UPを目指している人

  • 無料で自分に合うヘッドハンターを見つけたい人

上記に当てはまる人は、キャリアカーバーの登録をオススメ出来ます。

その中でも、

  • メールがたくさん届くのは煩わしい
  • 個人情報をあちこちに入力したくない
  • より効率良く転職活動ができる1サイトに絞りたい

と思っている方は、キャリアカーバーより「ビズリーチ」への登録をオススメします。

 

るてぃ

逆にキャリアカーバーをオススメできない人はこんな方です。

オススメ出来ない人
  • 年収500万以下の人

  • ヘッドハンターに頼らず自分のペースで転職活動をしたい人

上記に当てはまる方はキャリアカーバーの登録はオススメしません。

 

るてぃ

理想の転職を実現するためには、自分に合った転職サイト・転職エージェントを見つけることが大切です。

自分に合う転職サイト・エージェント選びに迷ったら下記の記事もチェックしてみて下さいね!

 

るてぃ

あなたにとって納得がいく転職の実現を心より願っております!

この記事に関連するジャンル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ