【完全版】コロナ禍で転職を考えているあなたに必ず読んで欲しい記事まとめ

記事更新日: 2021/02/20

ライター: るてぃ

この記事でお伝えしたいこと
  • コロナ禍での転職活動を勝ち抜くための考え方

  • 勢いで転職するのはNG。最悪な事態を回避する方法
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上

本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

るてぃ

コロナの影響で解雇者8万人超え。

「明日は仕事がないかもしれない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

るてぃ

転職市場もクローズする求人が増え、転職希望者はたくさんいるのに求人がないという状態に陥っています。

転職市場のリアルな実態はこの記事でも記載しています。

>【エージェント悲劇の体験談】コロナで求人クローズの嵐


そんな状態なので、転職エージェントの登録している人も多いのですが、エージェントの手が回らず面談NGの方も増えています。

るてぃ

実際、コロナ禍で転職するのってめちゃくちゃ難易度が高いんですよ!!

きだっち

やっぱり、そうですよね・・・。

本日のアシスタント
アラサーOL きだっち
JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!
派遣社員(事務職)から未経験エンジニアへのキャリアチェンジを実現させました!
Twitter:@kidachi_JobTier

るてぃ

そうです!!そんな中で、未経験エンジニア転職を実現したきだっちは本当にすごい!!!

 

転職相談にのっていると、200社以上書類を出したのに1社も内定をもらえない人や最終面接まで辿り着けない人の話も聞きます。

るてぃ

そこで今回はJobTierの記事の中でも、コロナ禍で転職を検討しているあなたに絶対に読んで欲しい記事をまとめてみました。

転職で悩んでいるお知り合いの方にも、この記事をシェアしていただければ嬉しいです。

あなたの業界は大丈夫?すぐにでも脱出すべき業界

るてぃ

コロナの影響で大打撃を受けているサービス業界

人員削減へと動くこの業界に勤めている方は、一度立ち止まって自分のキャリアを考えてみることをオススメします。

あなたが勤めている会社で、現時点でオンライン化を進めてこの時代を切り抜けようとしている様子が見えないのであれば、そのままその会社にいても沈没するだけです。

るてぃ

早いところ見切りをつけて脱出しましょう!!!

飲食業界は脱出しないと転職先がなくなる

飲食業界はコロナの影響で瀕死状態です。

年齢別にオススメのキャリアについても紹介しています。

るてぃ

ちなみにそれ以外の業種は、早々に動くことは現時点ではオススメしません。

理由はこの通りです。

きだっち

内定取り消しは怖すぎる・・・
ちなみに勤務先がブラックすぎて転職活動が滞っている場合も、先に見切りをつけて会社を辞めるのはNGですよね?

るてぃ

はい、現職を続けながらの転職活動をオススメします!!!

この状況下で辞めてしまうと、最悪の場合、収入源がない中で何ヶ月も就職先が見つからないケースも想定できます。

他にも、先に退職してしまった場合のリスクはこの記事にまとまっているので読んでみてください。

転職前に退職するのは絶対NG!!

「勤めながら転職活動をするのは現職に悪いなと思って」「忙しすぎて転職活動できないから」と言って先に会社を辞めてしまう人がいるのですがこの状況下でやるのは絶対NGです!!

転職前に会社を辞めることのリスクについてお伝えしています。

コロナ禍で転職活動を行う際のポイント

業界・業種選びは気をつけて

るてぃ

コロナ禍で転職する際に、何も考えず好きな業界を選ぶのは危険です。

自分の現在のキャリアと今後どうなっていきたいかを考えながら、生き残る可能性が高い業界を選びましょう。

一般的にはIT業界になりますが、あなたの年齢とこれまでのキャリアによっても変わります。

るてぃ

詳細はこの2記事を読んでみてくださいね!

未経験転職は自殺行為

コロナの影響で即戦力人材の需要は高まりましたが、未経験の求人は相当数減りました。

未経験業界への転職を考えている方への解決法をお伝えしています。

安易にエンジニアに転職してもダメです

安定=手に職つける=エンジニアへの転職と考える人も多いですが、安易な思考で転職しても不幸になるだけです。

コロナ禍での転職活動の本質をお伝えします。

 

狙うならリモートワーク可能な職場がオススメ

るてぃ

今後コロナが収束するか誰にも読めない状況です。

今転職するのであれば、リモートワークが多い職種の求人もチェックしておいた方が良いでしょう。

未経験転職となる場合、今回の転職でいきなり「リモートワークがしやすい職種に転職出来ます」と断言は出来ませんが、未来から逆算してキャリアを描いていくことは重要です。

リモートワークOKな求人の探し方

今の時代に毎日出社しなければ回らない仕事を選ぶのはナンセンスです。

リモートワーク歴4年のJobTierライターけんけんがリモートワークを軸とした転職ノウハウをお伝えします。

 

【完全版】コロナ禍の面接対策まとめ

るてぃ

コロナ禍の面接は今までとは全く違います!

最終面接はともかく、一次面接はオンライン面接がデフォルトなのでここでつまずくと面接に落ち続ける結果になります。

オンライン面接通過のポイントは「あなたに直接会いたいを思ってもらえるか」です。

きだっち

第一印象の良し悪しが画面の映り方で決まるのも、オンライン面接ならではですよね!

今は最終面接までオンライン面接の企業もありますが、一度対面で会ってから最終判断をしたい企業もあるので「会いたくなる人になれるかどうか」は一つのポイントとして意識しましょう。

オンライン面接の基礎中の基礎まとめ

オンライン面接の採点は減点方式なので、減点ポイントを出来る限り減らしましょう。

オンライン面接でも面接官をやっていた私がポイントをお伝えします。

対面面接かWeb面接か聞かれた時の対処法

編集長るてぃの考えとしては、2次面接以降であれば一度社内に訪問して社員さんの肌ツヤ・顔色の良さや社内の雰囲気を見ることをオススメします。

やっぱり五感をフルに活用して「なんか違うな」と思う企業は、結果合わないことが多いです。

コロナ禍での面接マナーをチェック

改めて聞かれると不安になる面接時にマスクを着けるか着けないか問題。

コロナ禍でも面接官をやっていた私がお伝えします。

まとめ

るてぃ

コロナ禍での転職活動はポイントを抑えて、戦略的に動くことが大切です。

最初にお伝えした通り、傾いている業界やここ1、2か月で解雇される心配がない場合は、情報収集や職務経歴書のブラッシュアップに努めておくのがベターです。

るてぃ

今のうちに本業と並行してスキル取得に励むのも良いですね。

女性であれば、Webデザインやライティング、マーケティングなど18種類の手に職をつける講座を受講できるSHE likes(シーライクス )がオススメです。

るてぃ

私も無料体験に行きましたが、入会しようか本気で悩みました。。

他にもリクルートが運営している社会人のインターンシップ「サンカク」でスキルアップを目指すのも手です。

きだっち

ぜひ今の環境を抜けるためにも、勇気を持って一歩踏み出してみてくださいね!!

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

ページトップへ