会社を辞めたい時に相談すべき相手とは?理由別の注意ポイントも紹介

記事更新日: 2021/09/08

ライター: るてぃ

この記事の結論
  • 相談相手は内容によって相手を選ぶ。
    第三者への相談がおすすめ
  • 相談前に自分の悩みを言語化しておく。
  • 外部の相談窓口や転職サービスを有効活用する。
この記事を書いた人
業界の闇を晒す元人事 るてぃ
トップセールス→ベンチャー人事→独立
毎月の書類選考人数:100人以上
キャリア相談・面接の数:400以上
取引していた転職エージェント/転職サイト:120社以上
本当にためになる情報を伝えて、求職者も企業も幸せにならないミスマッチの就職を1つでもなくすことが目標です。
Twitter:@rutty_JobTier

るてぃ

皆さんこんにちは。JobTier編集長のるてぃです。

会社を辞めたいと思っているけど、誰に相談したらいいんだろう…。

るてぃ

こういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

私も人事の時にたくさんの悩み相談を受けてきました。

実際に会社を辞めたいと思っている人は、8割を超えるデータも出ています。

□仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合

□「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる」とした労働者のうち、その内容

出典:厚生労働省:職場におけるメンタルヘルス対策の状況

会社を辞めたい理由は、人それぞれあると思いますが、相談相手に困って一人で抱え込まないことが大切です。

そのために、理由ごとに適切な相談相手を選んで解決方法を見つけていきましょう。

るてぃ

相談する時の注意点やオススメの相談相手もご紹介していきますね!

会社を辞めたい時に相談するべき相手とは?

こちらの見出しでは、会社を辞めたい時に相談する相手はどういった人がおすすめであるかを説明します。一般的には「家族・友人・上司」が多いですが、利害関係のない第三者への相談をおすすめします。

悩みを解決するためには、いち早く解決に繋がる相手を選んで相談を行うことがポイントになりますので、悩みを相談したいと思った時の参考にしてみてくださいね。

るてぃ

実際に、相談相手としても多いのは次のような人たちです。

【 一般的に相談相手に選ばれている人 】

・社外の人
 →家族・友人・恋人
・社内の人
 →上司・同僚・先輩

家族や友人は話しやすく、気軽に相談できるかもしれません。

るてぃ

しかし、解決する可能性は低いです。
相談相手は相談内容に合わせて選ぶこと、そして第三者への相談をお勧めします。

転職のプロの転職エージェント、またはキャリアを考えてくれえるキャリアコーチングなど、今までになかった選択肢を考えてみるのも解決に近づく1つの方法です。

会社を辞めたい悩みを誰かに相談する前にやるべきこと

会社を辞めたいと考えた時、相談をする前に自分自身の「辞めたい理由」や「相談内容」を言語化する必要があります。

モヤモヤした状態では、相手にも伝わりにくく解決に繋がらないからです。

焦って後悔をしないためにも、相談内容を言語化するオススメの方法をこちらの見出しで説明します。どうするべきか悩んでいる方も、相談をしようと決意した方も一度こちらを確認してみてくださいね。

るてぃ

実際に人事として相談を受けることも多かったのですが、自分の中でモヤモヤした状態で悩みが言語化できていない人も多くいました。

言語化できた方が、解決への近道になりますののでオススメの方法を紹介していきます。

〜おすすめの言語化方法〜

  • ノートに思っていることを書き出す
  • 日記を書く習慣をつける

るてぃ

悩みや思いを、言語化する方法を説明していきますね。

ノートに思っていることを書き出す

るてぃ

思っていることを書き出すことによって、モヤモヤした悩みが言語化でき、自分の頭の中が整理できるのでおすすめです。

頭の中だけで物事を整理するより、書き出すことで実際に書かれた内容を見て整理を行うことができます。

その結果、やるべきことや自分の想いを言語化できるようになります。

るてぃ

初めは何から書き出すべきか迷うかと思いますが、あなたの想いを全て書き出してみてください。

日記を書く習慣をつける

るてぃ

日頃から日記を書く習慣をつけることもオススメの方法の1つです。

長文でなくても構いませんので、毎日自分に起きた出来事や1日の中で感じた感情を書き出してみてください。

るてぃ

自分自身と向き合う時間にもなりますし、思っていることを言語化する力が身につくので一石二鳥ですよ!

会社を辞めたい5つの理由に合わせた相談相手と注意点

会社を辞めたいと思っている理由は、人によって異なると思いますが、代表的なものは「労働条件や環境・精神的な悩み・人間関係・キャリアや今後の将来設計・家庭の事情」などが挙げられます。

こちらの見出しでは、代表的な5つの理由の悩みに沿った相談相手の選び方と注意点をご紹介します。

選び方や注意点を見落としてしまうと、自分にとってマイナスなことが多いですし、職場での居心地も悪くなってしまう可能性もあります。会社を辞めたくて悩んでいる人は、自分の状況と照らし合わせて、最適な相談相手を見つける際にご活用ください。

〜会社を辞めたい5つの理由〜

  • 労働状況や環境
  • 精神的な悩み
  • 人間関係
  • キャリアや将来設計
  • 家庭の事情

るてぃ

早速みていきましょう!

労働条件や環境

・労働時間が長い
・給料が安い

るてぃ

このような理由の場合相談相手は、次の通りです。

・労働組合などの相談窓口
・転職エージェント(転職のプロ)
・キャリアコーチングサービス(キャリア相談のプロ)

〜外部機関の相談窓口〜
全国労働基準監督署
日本労働組合
厚生労働省:総合労働相談コーナー

上司に相談をして、労働条件や環境が変わりやすいホワイト企業ならいいのですが、労働時間の規定を超えすぎてしまっているブラック企業の場合は厚生労働省の相談窓口への相談も考えてみてください。

その他は、転職のプロであるエージェントに相談して、自分に合った条件の転職先を選びから退職までのアドバイスをもらうのも1つの手です。

るてぃ

注意点も見ていきましょう!

労働条件や環境の場合
注意ポイントをチェックし、相談しよう。
  • 自分自身の労働状況がどういったものか、相談時に提示できるように明確にしておきましょう。
    「労働時間」「いつからなのか」「現在の仕事の状況」「ご自身の心的状況」など。

  • 労働条件が明らかに超過している場合は、しっかりと証拠を残しておきましょう。
    →タイムカードや個人の記録など。

るてぃ

実際に長時間働いているのに、その記録が残っていなかったため、会社が対応してくれなかった…なんてことは避けましょう!

精神的な悩み

・仕事に行きたくない
・そもそも相談もできない

相談したいけど、精神的に参っている…。

そんな方は、あなた自身の心のSOSを見逃さないように、早めの対処をしましょう。

・産業医
・相談窓口の利用

〜外部機関の相談窓口〜
東京都福祉保健局
こころの耳(メンタルヘルス・ポータルサイト)

るてぃ

注意点も見ていきましょう!

精神的な悩みの場合
注意ポイントをチェックし、相談しよう。
 
※精神的な悩みが会社の問題ではない場合
  • 産業医がいるのか、会社として長期休業が可能か確認する。
    可能な場合、復職できることもある。

  • 長期休業中の賃金の支払いがあるのか確認する。
    →ない場合は、転職を考える必要がある。

るてぃ

産業医のいる会社であれば、休職をとってその後仕事に復帰が実現できるパターンもありますので、選択肢として考えてみてください。

▼うつ病の初期症状はどういったものなのか、詳しい記事はこちらから。

人間関係

・セクハラやパワハラ
・人間関係に耐えられない

セクハラやパワハラを、上司から受けている場合、上司の目を気にして相談しにくいこともあると思います。

るてぃ

そういった場合は、会社の人事部や厚生労働省の相談窓口へ相談をおすすめします。

・人事部
・厚生労働省の相談窓口

〜外部機関の相談窓口〜
厚生労働省:総合労働相談コーナー
厚生労働省:ハラスメント悩み相談室

人数の少ない企業であれば、部所間の移動は難しいかもしれませんが、ある程度人数のいる企業であれば調整も可能です。

るてぃ

注意点も見ていきましょう。

人間関係の場合
注意ポイントをチェックし、相談しよう。
  • 状況に応じて、角が立たない理由を伝えることも必要。
    退職を伝えた後も、引き継ぎ等の作業があります。
    そのため、人間関係を理由で伝えると角が立ってしまい、退職日まで職場にいることが苦痛になる可能性があるので、退職日までのことを考慮して伝えるようにしましょう。

るてぃ

働く上での人間関係はとても大切だと思いますので、悩みすぎる前に環境を変えることもおすすめします。

キャリアや将来設計

・他にやりたい仕事がある
・このままでは将来が不安
・仕事にやりがいを感じない

るてぃ

キャリアを考え直したい場合は、辞めることを伝える前に次の相手に相談してみましょう。

・転職エージェント(転職のプロ)
・キャリアコーチング(キャリア相談のプロ)

転職エージェントは、いち早く転職をしたい人向け。キャリアコーチングは、これからのキャリアに悩んでいる人や将来設計をまるっと相談したい人向けと考えてくださいね。

るてぃ

注意点も見ていきましょう!

キャリアや将来設計の場合
注意ポイントをチェックし、相談しよう。
  • 働きながら、情報収集や転職活動を進めておく。
    →辞めたいと伝える前に、ある程度次の方向性を決めておくと心にも余裕ができます。

  • 退職時期を見越して相談する日程を調整する。
    →転職エージェントなどに相談し、転職活動を行っていると、次の会社へ入職のタイミングとの調整が必要になりますので、前もって計画を立てておきましょう。

るてぃ

転職エージェントは無料のサービスですし、在職中でも利用できるのでおすすめです。

家庭の事情

・家庭の事情で辞めざるを得ない

家庭の事情で辞めざるを得ない場合は、次の相手に相談しましょう。

・人事
・上司

るてぃ

正社員からパートタイム職員へなど融通を効かせてくれる場合もあります。職務規定などを一度確認してみましょう。

それでも辞めざるを得ない状況なのであれば、上司に伝える必要があります。

るてぃ

注意点も見ていきましょう!

家庭の事情の場合
注意ポイントをチェックし、相談しよう。
  • 状況を理解してもらうためにも、包み隠さず伝える。
    言いたくないことまで、全てを言う必要はありません。

  • 下手な嘘はつかない。
    →円満に退職するためにも、怪しまれるような下手な嘘はつかないようにしましょう。

会社を辞めたい意思を伝える時の重要ポイント

理由別の相談相手と注意ポイントを解説してきましたが、こちらの見出しでは注意ポイントの中でも重要なポイントの解説を行います。

相談をする時には、会社を辞める場合でも、辞めずに働き続けることになった場合でも、円満な解決が貴方自身のためになります。なので、こちらでしっかり注意ポイントの中でも重要なポイントを把握し、実際に相談する際の参考にしてみてくださいね。

相談する時は内容をハッキリと伝える

相談内容は、伝えたいポイントをハッキリと伝えるようにしましょう。

るてぃ

曖昧な表現だと伝わりにくいですし、相談を受ける側も対応に困ってしまいます。

「辞めたいんですけど…」のような曖昧な相談よりも、「◯◯が理由で、退職を考えていてご相談したいです。」の方があなたの想いも伝わります。

るてぃ

伝えたいポイントがハッキリとしていない人は、自分の頭の中で整理できてない可能性があるので、言語化をオススメの方法を振り返ってみてくださいね。

円満解決のために時期や期間を考慮する

るてぃ

会社を辞めるときに円満に解決するために、時期や期間を考慮して相談を行うようにしましょう!

「会社を明日に辞めたいと思っています。」などの唐突な相談は、円満の解決には繋がりません。

会社の規定でも辞める前は数ヶ月前に告知をするなどの内容が含まれていると思いますので、確認してから期間を考慮した上で相談する必要があります。

あなたの仕事を引き継ぐ準備や、後任を探す準備など会社側もやるべきことが増えてしまうので、余裕を持っていた方が良いでしょう。

るてぃ

また、緊急時以外は会社の繁忙期は控えてくださいね。

無理を言ってしまうことで、円満な退社ができなくなってしまうことは防ぎましょう。

会社を辞めたい時のオススメの相談相手と方法

この見出しでは、第三者の中でも特にオススメの相談相手を紹介します。

家族や上司以外の第三者への相談がオススメな理由は、客観的ないアドバイスをもらうことができるからです。

第三者の中でも、様々な悩み相談に乗っている「転職エージェント」や「キャリアコーチング」などその道のプロに聞くことで、新しい解決方法が見つかるかもしれませんので、参考にしてみてくださいね。

るてぃ

あなたの悩みのフェーズに合わせて考えてみてくださいね!

・転職をするかどうか迷っている  
 →キャリアコーチングサービス

・転職を決意している  
 →転職エージェント

・転職したいのにできなくて困っている  
 →退職代行

キャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスは、会社を辞めたいと思っているけども、その先の自分のキャリアをどうすべきか悩んでいる人におすすめです。

キャリアコーチングサービスとは…
自分のキャリアの納得度を高めるために、”今の自分の把握”と”理想の自分に近づくための計画づくり”のサポートを行ってくれるキャリア支援サービスです。

キャリアの悩みを、まるっと相談できるのが特徴のサービスとなります。

るてぃ

無料相談もできるので、一度体験されてみるのもいいですね!

▼キャリアコーチングサービスの比較をしています。チェックしてみてくださいね。

転職エージェント

転職を決意している中での相談先には、転職エージェントがおすすめです。

るてぃ

労働時間が長いこと、給与が低いことも改善できるような職探しをサポートしてもらいましょう!

転職エージェントを利用する時は、悪質なエージェントに捕まらないで、上手に活用できるように注意してくださいね。

そのためにも、自分の転職意思をハッキリと伝え、転職エージェントとの関係性を作っていくことが大切です。

▼転職エージェントの上手な活用方法はこちら。

退職代行

転職をしたいと決意し、相談した上でも引き止められ、決意したのになかなか辞めることができないことが発生するかもしれません。

その中でも、次のような場合は退職代行への依頼も可能です。

・今すぐ辞めたいのに辞められない
・精神的にキツく自分では対応できない

しかし、リスクもありますので、緊急性がない場合は自分で退職の手続きを依頼するようにしましょう。

▼利用前に知っておくべき退職代行サービスの内容はこちら。

まとめ

会社を辞めたい時の相談相手の選び方や、おすすめの相談相手を解説してきました。これまでの内容をまとめると以下の通りです。

・相談相手は、フラットに意見をもらえる第三者に!

・相談の前に、自分の悩みを言語化しておく。

・外部機関の相談窓口や転職のプロのサービスを有効活用する。

仕事は人生の3分の1の時間を占めることになります。

るてぃ

悩みは早めに解決できるように、自分一人で抱え込まず、的確な相談相手を見つけてみてください。

少しでも参考になれば幸いです!

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ