第二新卒エージェントneoの評判|ニートも使えるって本当?

記事更新日: 2021/09/07

ライター: きだっち

第二新卒エージェントneoの特徴まとめ
  • 20代までの若手向き
  • 年収がおよそ400万円以下の人向き
  • 対応可能エリアは東京、大阪、名古屋、福岡
本日のプレゼンター
転職市場を知り尽くしたプロ まつぱち
東証一部人事→転職エージェント→独立
  • 偏差値35の不登校学生からキャリアを逆転
  • 累計キャリア相談者数6,000名以上
  • 累計25回、社内月間売上トップ受賞
  • 大好評キャリア相談で転職成功者多数
  • 相談者様の声
Twitter:@matsu_JobTier
本日のアシスタント
アラサーOL きだっち
JobTierで学んだ知識を活かし、アシスタント歴9か月目にしてコロナ禍での転職活動成功!
派遣社員(事務職)から未経験エンジニアへのキャリアチェンジを実現させました!
Twitter:@kidachi_JobTier

きだっち

経歴が悪い私でもちゃんと転職できるかな・・・?

「他の転職エージェントでは門前払いにあった」

「今、ニートなんだけど雇ってくれる会社あるかな」

そんな不安を抱えながら転職を考えている人も多いのではないでしょうか?

きだっち

実際、私も転職エージェントからお断りされてしまったことがあります。

コロナが理由とのことでショックです。

まつぱち

なるほど。メールではコロナの影響でと書いていますが、実はニートや職歴が悪く紹介できる求人がないため、コロナを理由にお断りするケースもありますよ。

きだっち

ええ、そうなんですね。

そしたらどこにも相談にはのってもらえないんでしょうか?

まつぱち

安心してください。

既卒・第二新卒専門の転職エージェントの第二新卒エージェントneoなら、職歴に自信がない方でも丁寧にサポートしてもらえます。

きだっち

そうなんですね。ちょっと登録してみます・・・!

(登録して面談後・・・)

きだっち

まつぱち先生、ありがとうございます!

面談も実際に受けられたんですが・・・とても丁寧に対応してくれて感動しました(涙)

まつぱち

それは良かったです!!

今回はきだっちさんの体験談も交えながら、第二新卒エージェントneo(ネオ)の評判を解説していきましょうか!

  • 職歴が悪くても本当に対応してもらえるのか
  • ニートでも転職できるのか
  • ブラック企業を紹介されないか

このあたりもしっかり解説するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

きだっち

本日もよろしくお願いします!!

第二新卒エージェントneoの基本情報

まず第二新卒エージェントneoの基本情報を確認しましょう。

運営している企業について知っておくことで、その企業を信頼できるかどうかを判断できます。

きだっち

確かにあまりにも小さい会社で、どんな人が運営しているか分からなかったりすると不安ですね…。

まつぱち

なので、まず最初に第二新卒エージェントneoの運営会社について簡単に紹介していきますよ!

第二新卒エージェントneoの運営会社

会社名 株式会社ネオキャリア
設立年 2000年11月15日
本社 東京都新宿区
支社 大阪、名古屋、福岡
資本金 100,000,000円
グループ会社数 25社
法人向け事業 人材紹介、Web会議システム、採用マッチングアプリ、IT受託開発など
個人向け事業 就活支援、転職支援

まつぱち

第二新卒エージェントneoの運営会社である「ネオキャリア」は、売上規模550億円越えのいわゆる大企業です。

中途転職支援や求人広告事業を主軸として、今や25社のグループ会社を抱え、事業拡大を続けてきました。

第二新卒エージェントneoは、数ある事業のうちの一つになります。

きだっち

この規模感の会社なら面談も安心して任せられますね!!

コロナ禍でも対面面談できる事業所が全国4箇所

ネオキャリアは東京支社(新宿駅)、大阪支社(西梅田駅)、名古屋支店(国際センター駅)、福岡支社(博多駅)の4箇所に事業所を構えています。

まつぱち

第二新卒エージェントneoの強みはコロナ禍でも対面面談を対応してくれるところです。

上記の事業所から面談場所を選択することができますよ。

きだっち

私も面談しましたが、面談は可能な限り対面面談がオススメです。

Webだと正直画面の向こうで何をやっても自由ですが、対面だとキャリアアドバイザーもしっかり話を聞いてくれますよ。

第二新卒エージェントneoの面談場所

参考:面談予約画面

他社と比較してみた

きだっち

大手の転職エージェントも気になっているんですが、やはりニートは第二新卒専門のエージェントの方が良いのでしょうか?

まつぱち

転職エージェントは無料で登録出来るので、併用して使う方が多いですよ!

大手の転職エージェントを利用すると、ライバルも多い分、優秀な経歴の方を優先的にサポートし職歴の悪い方は塩対応されてしまうケースも多いです。

まつぱち

比較してみると分かりますが、実際、第二新卒・既卒に特化した求人だと第二新卒エージェントneoの方が多いです。

まつぱち

第二新卒エージェントneoの求人件数は明確な記載がないものの、1万社以上のお取引先がある点から求人件数は1万件以上あると言えます。

ただし、200万円台後半〜400万円台前半の求人が中心なので、同じ第二新卒でも職歴に自信があり年収400万円以上を狙いたい方はキャリトレリクルートエージェントを利用した方が良いです。

第二新卒エージェントneoの特徴・メリット

第二新卒エージェントneoはキャリアに自信がない方・ニートの方も使える転職エージェントとして有名です。

たくさんある転職エージェントの中で、キャリアに自信がない方にもオススメできるのはなぜなのか?

まつぱち

この章では第二新卒エージェントneoの特徴とメリットを紹介します。

第二新卒(既卒・フリーター・若手ニート)に強い

運営会社
株式会社ネオキャリア
対象年代
29歳まで
対応地域
全国(関東、関西、名古屋、福岡は対面可能)
求人の幅
営業職中心に幅広い
求人の量
求人の質
受信メールの量    普通
まずは公式HPを見る  〉
第二新卒エージェントneoは、業界内でも珍しい「第二新卒」に特化した転職エージェントです。
18~28歳までの転職支援実績は22,500人。ニートの方でもサポート可能です。

仕事に熱い人が多いネオキャリアでは、求職者一人当たりの平均サポート時間も8時間と長く、入社後も積極的にフォローしてくれます。

ちなみに「第二新卒」とは?

  • 社会人経験が3年未満の会社員・フリーター
  • 大学や高校を卒業してから3年未満
  • 大学や高校を卒業してから3年未満で、かつ社会人経験がない

離職中のニートも第二新卒に当てはまります。

第二新卒エージェントneoの名称ですが、第二新卒以外でも転職のサポートを受けられる可能性はあります。

きだっち

でも第二新卒エージェントneoがニートでも対応できるのはなぜでしょうか?

まつぱち

やはり、番は第二新卒に特化した点です。

第二新卒エージェントneoの担当者は全員が第二新卒でネオキャリアに入社。

全員が若い年齢での転職の苦労を味わっているからこそ、既卒・フリーター・ニートに寄り添った転職サポートが出来ることが特徴です。

まつぱち

第二新卒にターゲットを絞ることで対応するアドバイザーの人選も求人票も明確に選ぶことができ、無駄が省けるわけですね。

第二新卒エージェントneoを運営しているネオキャリアは新卒紹介事業も強いので、新卒紹介を利用した方がそのまま中途採用でもネオキャリアを使っていることも考えられます。

まつぱち

また、第二新卒エージェントneoのすごい点は、履歴書・職務経歴書の提出なしで転職のプロに相談にのってもらえること!

きだっち

え!?大抵のエージェントは、事前に履歴書と職務経歴書を提出しないといけないですよね。

まつぱち

そうなんです!面倒な書類提出なく、気軽に転職相談にのってもらえるのは嬉しいですよね。

徹底的された求職者サポート

まつぱち

第二新卒エージェントneoの最大の魅力は手厚いサポートです。

転職エージェントは求職者を紹介して入社が決まることで紹介料が発生するビジネスモデルです。

転職エージェントとは:

転職を考えている求職者と採用活動をしている企業の間に立って、転職成功を支援するサービス。
企業は転職エージェント経由で採用が決まると、1人あたり年収の約30%〜35%を紹介料としてエージェントに支払う。
求職者は無料で利用できるサービスが多い。

まつぱち

つまり、なるべく少ない時間で多くの求職者を紹介したいので効率重視になりがちなんです。
そのため、求職者のサポートはなるべく少ない時間で済まそうとするのが一般的です。

しかし、第二新卒エージェントneoは、

  • 初回面談1時間30分(対面かWebか選べる)
  • 1名あたりのサポート時間:平均8時間

と厚いサポート体制を取っています。

きだっち

他の転職エージェントだと30分電話で話して終わりという会社もあったので、とても丁寧ですね。

まつぱち

なぜここまで丁寧に対応するかというと、転職に不慣れな若者に特化しているからです。

  • なぜ転職や退職を決意したのか?
  • どんなキャリアプランを思い描いているか?
  • どんな仕事がしたいか?

これらをしっかりヒアリングしたうえで、一人ひとりにあった求人紹介はもちろんのこと、転職の準備もサポートしてくれるのが他のエージェントにはないポイントです。

求人の職種が多種多様

きだっち

第二新卒エージェントneoではどんな求人が紹介されるんでしょう?

  • 人と話すのが苦手がから、あまり人と話さない職種の方が良いな…
  • 地頭はあまり自信がないので体力仕事のほうが良いな…

このように、転職では色々なニーズがあるので提案できる職種が少ないと困りますよね。

まつぱち

第二新卒エージェントneoでは選べる職種が多様なのが特徴ですよ!

その中でも一番得意なのは「営業職」「販売職」なので、営業に興味があり職歴に自信がない方は登録必須だと言えます。

代表的な取り扱い職種
  • 営業系総合職(法人営業、ルート営業、営業企画など)
  • 事務系総合職(ヘルプデスク、コールセンター、総務、経理、営業事務など)
  • IT系職種(システムエンジニア、インフラエンジニア、社内SE、Webコンテンツ制作など)
  • その他(教育、介護、タクシードライバーなど)

まつぱち

ちなみに未経験で流行のITエンジニアを目指す方は、IT業界に特化したエージェントのウズキャリITがオススメですよ。

第二新卒エージェントneoの良い評判

「第二新卒向けに手厚いサポートをしてくれるのは分かったけど、実際はどうなの?」

そう考える人は多いと思います。

まつぱち

そこで、実際に第二新卒エージェントneoを使った人の評判を確認してみましょう!

実際に使った人はどんな感想を持ったのか、まずはいい評判からご紹介します。

サポートが丁寧

2020年10月口コミ 
評価:
初回面談で二時間みっちり話してくれたのが衝撃でした。
他の転職エージェントだと門前払いされていたので丁寧に対応してもらえるのは有り難かったです。

まつぱち

第二新卒エージェントneoは、平均8時間以上の丁寧な転職サポートが特徴的。

初回面談時間も、1時間30分〜最大2時間と他社に比べてとても丁寧ですよ!

きだっち

以前他の大手エージェントを受けたら、1回30分の面談だけであとは塩対応だったことがあります。。

まつぱち

大手エージェントだと利用者が多い分、フリーターやニートはサポートに時間がかかるので後回しにされやすいんです。

転職エージェントは成功報酬型のビジネスモデルなので、自分が担当している転職希望者が自分が保有している求人の会社に入社しないと1円にもなりません。

 

報酬は多くの会社で年収の約30〜35%です。

きだっち

そりゃあ年収高い転職が決まりそうな方を優先的にサポートしますよね。。

まつぱち

その点、第二新卒エージェントneoは第二新卒に特化している分、全員丁寧に扱ってもらえるのが良いですね!

年齢が近くて親近感が湧く

2019年6月口コミ 
評価:
担当してくれた方が年齢が近くて話しやすかったのが良かったです。
年齢が上すぎるだと緊張してしまいますが、何でも相談できる頼れるお兄さんとの印象で仕事以外の話もついつい話してしまいました。

第二新卒エージェントneoは、20代の担当者がほとんど。

同じ年齢の人の方が、目線が近く相談もしやすいので精神的にも安心して頼ることができます。

きだっち

私が使っていたとき他の求職者の方を見かけたのですが、みんな担当者との仲が良さそうでしたよ!

第二新卒エージェントneoの悪い評判

いい評判を聞いたら気になるのは悪い評判!

第二新卒エージェントneoにも悪い評判があります。

どのエージェントにも言われる評判もありますが、「こんなこともあるのかも」と把握しておき、対応できるようにしておきましょう。

求人がミスマッチのときがある

2019年6月口コミ 
評価:
丁寧に相談にのってくれた割には、紹介してもらった求人が自分が望んでいるものとは違うことが結構ありました。
もちろん自分の希望にマッチする良い求人もあることはありましたが少なかったです。

きだっち

自分が受けたくない求人ばかり勧められると、断るのも申し訳ないから嫌ですよね。

まつぱち

でもこの評判、どこのエージェントでも割と多いんです。

百戦錬磨の担当者でも、一発で要望が分からないときもあるんです。

なので、意向に沿わない求人が送られてくるのです。

まつぱち

もし、ミスマッチな求人が多い場合はこのように対応しましょう!

もしミスマッチな求人が多かったら…
  • 担当者に「こういう求人は送らないでください」と伝える
  • 言ってもダメだったら担当者を交代してもらう

まつぱち

送られてくる求人が微妙だったら、ストレートに担当者に伝えると良いですよ!

気まずいかもしれませんが、担当者にとってもちゃんと思ってくれること言ってもらったほうが助かります。

辞退しようとしたら強引に止められる

まつぱち

正直これもどのエージェントでも一緒ですね。

強引さの度合いは担当者によって違うと思いますが、求職者を紹介するビジネスなのが人材紹介業。

まつぱち

エージェント(担当者)にとって、内定辞退や選考の辞退はなるべく避けたいものなんです。

そういうものだと割り切りましょう。

もしエージェントが合わないと感じたら、エージェントを変更してもらうようお願いするといいですよ。

第二新卒エージェントneoに向いている人

特徴や口コミを紹介してきましたが、「実際自分に向いているのかどうか」が分からないと、使うべきか悩みますよね。

そこでこの章では、第二新卒エージェントneoに向いている人・登録すべき人はどんな人かをまとめました!

これから紹介する特徴に当てはまる人は、第二新卒エージェントneoに登録しても損はないでしょう。

まつぱち

では早速、第二新卒エージェントneoに向いている人を紹介します。

他の転職エージェントで断られた人

23歳 男性 新卒1年で離職
体育会系の会社の体質に馴染めず、新卒からわずか1年で退職しました。何社か大手転職エージェントに問い合わせてみたのですが、手に職を持っているわけでもなかったので、「ご紹介できる求人がありません」と返答されることがほとんど。正直絶望してました。
そんな中第二転職エージェントneoに出会い、未経験でもOKな求人をいくつも紹介していただくことができました。

実際に大手エージェントから断られて困っている方も少なくないでしょう。

フリーター、早期離職、低年収などは転職が決まりにくいため、転職エージェントから対応を断られることがあります。

しかし第二新卒エージェントneoでは、そのような門前払いはありません。

無理なことは無理とハッキリ言ってほしい人

26歳 男性 フリーター
懸念していた売り込み色も少なく、回答も丁寧で良かったです。
現在から高校までどんな部活をしてきたのか、どんな仕事をしてきたのかを丁寧にヒヤリングしてもらい、最終的にはスキルがない僕でも挑戦できる求人を提案いただけました。

最初事務職を希望したのですが、事務の求人は厳しいとハッキリ言ってもらえました。
金銭的にも早く転職しないとやばかったので、ちゃんと答えてくれるのは好印象を持ちました。

転職市場の知識がない人にとっては、遠慮して真実を教えてくれない人よりも、ハッキリと現実を教えてくれた上で一緒に考えてくれるアドバイザーの方が良いですよね?

第二新卒エージェントneoでは、真摯に向き合ってくれるアドバイザーが多いです。

自分の考えが整理できていない人

25歳 女性 営業職
 
1時間30分近くお話を聞いてもらい、自分のやりたいこと・出来ることを整理してもらいました。
雑談の中で色々と聞いてもらえたので非常に話しやすかったです。

年齢が近いアドバイザーが多いので、雑談をしながら考えを整理してもらえます。

面談時間も最長2時間程度とってくれる場合もあり、丁寧にサポートしてもらいたい人にオススメです。

第二新卒エージェントneoに向いていない人

まつぱち

続いて、向いていない人もお伝えします。

第二新卒エージェントneoはターゲットを絞っているため、向いていない人からすると「いい求人が全くない!」と不満に繋がってしまいます。

第二新卒エージェントneoを使わない方がいいのはどんな人なのか?その理由は何故なのか?を解説します。

まつぱち

向いていない人が使うべきオススメエージェントも紹介しますよ。

高年収の転職を目指している方

高年収の転職を目指している方は向いていません。

第二新卒エージェントneoは紹介できる求人が若手中心のため、高年収の求人は少ないです。

年収400万円以上の求人はほとんど紹介してもらえないと考えてください。

 

まつぱち

実際、求職者が利用するサイトを見てみても、400万以上の求人は1件しか見つかりませんでした。

公開されている169件(※2020年10月現在)のうち、200万円台の求人が139件と全体の8割以上という結果に・・。

きだっち

これだと200万円台の方の年収UPは臨めるかもしれませんが、300万円台の方だと難しいですね。

まつぱち

なのでニートを含む第二新卒で、まずはきちんとした職を探したいという方にオススメの転職エージェントですが、職歴に自信がある方には合わないエージェントと言えますね。

30歳以上の方

先ほどもお話ししましたが、第二新卒エージェントneoは若手向けのサービスのため、30歳以上の求人は扱っていません。

まつぱち

そもそも30歳以上の登録ができないようになっています。

まつぱち

30歳以上の方はこの後紹介するエージェントの活用を検討してくださいね。

職歴が綺麗な方

第二新卒エージェントneoで紹介できる求人は、年収レンジの低い求人や未経験者向きの求人のため、上記に当てはまる人あまりおすすめできません。

高年収での転職を目指していたり、経歴も3年以内の早期離職など汚れていなければ、他の転職エージェントを使ったほうが懸命です。

まつぱち

例えば、大手総合型のリクルートエージェントなどが狙いどころです。

運営会社
株式会社リクルートキャリア
オススメ年代
20代、30代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

リクルートが運営する人材紹介サービス「リクルートエージェント
リクルートは今も昔も人材業界のゆるぎないNo,1企業です。絶対的No,1の位置にいるため、他社と比べても求人保有数も圧倒的に多いのが特徴です。

求人保有数もキャリアアドバイザーの人数も多いので、どうしても当たりハズレが出てしまうのがデメリットとしてあげられます。

第二新卒エージェントneo以外でニートでも使える可能性のある転職エージェント

転職エージェントは複数の会社を同時に登録し、情報を収集するのが賢い使い方です。

まつぱち

そこで第二新卒エージェントneo以外で、キャリアに自信のない方が使えるエージェントをいくつかご紹介します。

きだっち

これらは私が実際に使った中で良かった転職エージェントです!

「確実に登録できる」とは言えませんが、どれも無料で登録できるので、転職を考えている方は一度登録してみるのをオススメします。

ウズキャリ

運営会社
株式会社UZUZ
オススメ年代
18~29歳
対応地域
首都圏・名古屋・大阪・福岡
求人の量
求人の質
サポート体制
提案力
まずは公式HPを見る 〉

ウズキャリは18~29歳までのキャリアに自信が無い方の転職支援におすすめの転職エージェントです。

転職をサポートしてくれるエージェントは、「元既卒」「元第二新卒」であり、共感性の高いサポートが特徴。

取り扱う求人は、今後の伸びが期待されるIT系が多い為、IT分野への転職を考えている方には特におすすめの転職エージェントです。

いい就職.com

運営会社
ブラッシュアップ・ジャパン株式会社
オススメ年代
20代
対応地域
全国
求人の量
求人の質
まずは公式HPを見る  〉

「いい就職.com」は新卒・既卒・第二新卒をターゲットとした転職支援サービス。

一見、転職サイトのようですが、自分から企業への直接応募は出来ません。
いい就職.comの自社エージェントを通して企業に応募をする仕組みになっています。

いい就職.comは、現在では求人件数1万件以上の日本最大規模の既卒・第二新卒専門 「正社員就職支援サイト」です。

ポジウィルキャリア 

運営会社
株式会社ポジウィル
対応地域
全国
まずは公式HPを見る 〉

ポジウィルキャリアはお金を払ってマンツーマンで転職成功に導いてくれるコーチングサービスです。

転職エージェントや転職サイトでは対応してくれない「自分がどう生きたいか」「だから、どんな仕事をやるのか」を丁寧にヒヤリングしながら導いてくれる新しいサービスです。

金額は2ヶ月半で45万なので高いと感じるかもしれませんが、20代のキャリアは将来的に見ても非常に重要です。
初回は無料相談が可能で、無料相談だけでも非常に価値が高いです。

第二新卒エージェントneoの面談予約や面談の流れ

興味を持って面談を申し込みたいと思っても、いざ申し込むとなると緊張しますよね…。

どうやって面談を申し込むのか?どんな人が出てくるのか?何を言われるのか?…

実際に面談を受けた人から話を聞いてみたい!

きだっち

そんな方にお応えするために、実際に面談を受けた第二新卒の私が一通りの流れを説明します!

ちなみに私は職歴に自信はない方です。。

<JobTierアシスタントきだっちの職歴>

  • 接客2年
  • インストラクター 1年
  •  個人事業主2年
  •  派遣事務1年半

まつぱち

第二新卒エージェントneoは、きだっちさんのような職歴に自信のない方にも丁寧に対応してくれますよ!

面談予約までスピーディーかつ簡単で、最短で翌日に面談予約出来るのもオススメです。

きだっち

では早速、面談までの流れについて説明します!

①会員登録

第二新卒エージェントneoへアクセスし、会員登録を行います。

登録を済ませるとこんなメールが返ってくるので、マイページへログインします。

②面談予約

ログインしたら面談場所を選択します。

転職初心者の場合はヒアリングをじっくりされるので、なるべく対面で面談を受けるのがベターです。

きだっち

面談日時は一週間程度で見たら予約がしやすかったです。

ただし、平日の日中しか対応していないので要注意。

きだっち

最終スタートが17時〜なのは少し困りますね。

③面談前日

忘れないようにSMS通知を送ってくれます。

④いざ面談場所へ

新宿本社での面談の場合、新宿駅から西口方面へ10分ほど歩いた場所にオフィスがあります。

きだっち

初めて新宿に行く人は迷う可能性があるので、早めに着くように行くと良いですよ!

きだっち

ビルに着いたら、エレベーターで2Fへ上がり受付へ!!

きだっち

クセがある電話で若干まごつきましたが・・・落ち着いて担当者を呼べば大丈夫です。

なかなかおしゃれな待合スペースで呼ばれるまで待ちます。

待機スペースには、かなりカジュアル(というかラフ)な格好の若者が何人か座っていました。

きだっち

あまり気を張ってカッチリした服装でなくとも良い雰囲気でしたよ!!

担当者と挨拶を交わし、このような個室の面談スペースへ案内されます。

⑤面談の流れ

きだっち

面談の内容としてはこのようなことを聞かれました。

当日聞かれること

  • なぜ転職・退職しようと思ったのか?
  • どんな業界に行きたいか?
  • どんな仕事がしたいか?
  • どんな仕事はやりたくないか?
  • 転職先に求める条件は?

必ず聞かれるので、事前に準備しておきたい方は、答えをメモしておくと良いでしょう。

もし回答がうまくできなくても、担当者がやり取りの中でうまく汲み取ってくれるので安心してください。

⑥面談後

面談後に実際に求人が送られてきます。

きだっち

私が過去に利用した際は面談した当日に3件、求人情報を提案していただきました!

メールを開くと求人情報が載っており、返信すればすぐ選考に進める手軽さも良かったです。

まつぱち

自分にあった転職サービスを選んで、理想の転職を実現してくださいね!

この記事に関連するラベル

転職エージェント一覧

Webスクール一覧

このジャンルのサービス

ページトップへ